home > 投稿 > > ブリークウィンド崖にて

ブリークウィンド崖にて

 
 マルカルスの人々を助けるという名目で、手始めに首長の頼みを聞くことにした。
 ブリークウィンド崖のフォースウォーンが、首長イグマンドの父の盾を取り戻すのだ。

 あれがブリークウィンド崖のようだ。
 なんだか「デビルズタワー」をミニチュアにしたような……
 あの裏側に……
 
ウラッグ「未知との遭遇か?」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 リセッテと「わんわんお」を一旦待たせて、単身ブリークウィンド崖に登ることにした。
 フォースウォーンの根城と分かっているのだ。
 それに、ハグレイヴンも居る。
 
 用心させるに越したことは無い。

 ほら居た……
 
 毎度お馴染みの――

 Snipe!
 俺は暗殺者としての素質が十分にあるのかもしれない。
 しかし、闇の一党には絶対に加わらないからな。
 仮にもしも加わることとなれば、アストリッドとか言う奴を、真っ先に暗殺し返してやるw
 
 
 ブリークウィンド崖を登りきった所には、二人のフォースウォーンが居た。
 そして傍には小さな砦の入り口が。

 ハグレイヴンの姿は無いな……
 
 
 しかしフォースウォーンとの接し方がいまいち分からない。
 
 以前、マルカルスを一緒に脱出した縁で、ドルアダッチ要塞のマダナック一味とは友好関係を結んでいる。
 しかし、他のフォースウォーンの一味は敵対心丸出しで襲いかかってくるのだ。
 
 フォースウォーンは一つに纏まるってことはないのだろうか……
 なったらなったで、俺はマルカルスとフォースウォーンをどちらを選ぶか悩んでしまうことになるがな。
 
 
 まぁ今回の任務はマルカルス側のものだし、ここのフォースウォーンは敵だ。
 二人相手となれば、矢を二本セットして――

 二本撃ち!
 
 あとは砦だけだ。
 おそらく砦の中に盾が置かれているはずだ。
 
 そして――

 出たーっ! ハグレイヴン!
 どうやら砦の外の異変に気が付いて、出てきたようですな。
 
 
 こいつは以前、通常の魔法の矢に耐えたことがある。
 狙撃手として、一撃で仕留められないのは致命的だ。
 
 そこでこいつには、ワンランク上の炎の矢を使うことにする。

 燃え尽きろ!

 ドカーン!
 
 
 ふぃ……
 
 
 ハグレイヴンは木っ端微塵w
 というわけで、砦の捜索だ。
 
 ……と思ったけど、砦は小さく簡単な構造だったので、そんなに必死こいて捜索するようなものじゃなかった。
 入ってすぐの所に、宝箱が置かれていたのだ。
 そしてその中に――

 確かに盾が入っている。
 これを持ち帰れば良いわけだ。
 
 こうして、ブリークウィンド崖のフォースウォーンとハグレイヴンは殲滅され、首長イグマンドの父の盾を取り戻すことに成功したのだった。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 西の方に、要塞らしきものが見える。

 おそらくあれが赤鷲要塞。
 
 次はそこのフォースウォーン殲滅作戦だ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記