home > 投稿 > > マルーアの体裁、ネラカーの杖

マルーアの体裁、ネラカーの杖

 
クラルダー「うむ、いろいろと手助けしてくれたようだな。」
 

ラムリーザ「これで認めてくれますか?」
クラルダー「お前はアークメイジだからそれだけで従士に認めてやってもよかったのだが、大学関係者のサルモールの男がお前に仕事させろと言ってきたからな」
ラムリーザ「……叔父さん、こんな所まで手を回して(。-`ω´-)」
クラルダー「それでは首長の権限において、お前をウィンターホールドの従士に任命する。おめでとう」
ラムリーザ「……なんか叔父さんに認められているような錯覚が……」
クラルダー「役職を示す記章となるよう、この武器を授けよう」
リセッテ「それでまた武器を向けるのね……」

 ありがたき幸せ覚悟しろ!
 
リセッテ「ほらもう……(´-ω-`)」
ネラカー「じゃ、俺は宿に帰るか」
ジェイザルゴ「ジェイザルゴも大学に戻って修行を再開しよう」
 
 やれやれ、これで俺にも平穏が戻るか。
 堅苦しい大学になってしまったけどな……
 まさか戻ってくるとは予測していなかった!
 
 
 とりあえず自分も大学へ――
 ――と思って首長の屋敷を出ようとしたら、マルーアに呼び止められてしまった。
 
マルーア「実は大学の連中なんて誰も知らないんだ。ダンマーだからって、みんな勝手にそう思っているらしい」
ラムリーザ「だからなんだ?」
マルーア「できたら、このまま体裁を保つ手伝いをしてくれないか?」
 
 ふむ……(。-`ω´-)
 マルーアは大学の関係者じゃないが、首長たちはそうだと思い込んでいるらしい。
 それで、できればそう思い込ませたままで居たいというのか。
 なんなら大学入れてやろうか?
 俺はアークメイジなんだぞ――、と思ったけど、また勝手なことやったら怒られるからやめとこ(´・ω・`)
 
マルーア「フローズン・ハースにあるネラカーの部屋に魔導師の杖があるんだ」
ラムリーザ「大学の連中知っとるやん、ネラカーはあれでも大学の一員だぞw」
マルーア「そ、それは……」
ラムリーザ「それに俺は、アークメイジなんだけどー。なんなら大学に入れてやろーか?(権利剥奪中だけどw)」
マルーア「と、とにかく、本当に大学にコネがあるのか首長が疑い出した時に、あの杖を持っていれば何かと役に立ちそうだからね」
ラムリーザ「はいはい、もらってきますよ」
マルーア「ありがとう、待っているぞ」
 
 
 やれやれ、しかたねーな。
 なんなら、この「エクスプロージョンの杖」をやろうか?
 これもネラカーにもらったものなんだぞ。
 
 とりあえず再びネラカーの元へ――
 
 
ネラカー「また来たか。アンカノのおっさんが居るかぎり、大学には戻らないぞ」
ラムリーザ「いや、お前に用があるのはリセッテだ」
リセッテ「ちょっと何故よw」
ラムリーザ「いいから話してなってw」

リセッテ「もぅ……。えっと、ネラカーさんは、ラムリーザと昔から仲が良いのね?」
ネラカー「不本意なことだがなw」
 
 よし、この隙にゴソゴソと……

 これかな?
 杖というか槍というか……
 ネラカーはあれでも優秀な付与師だからな。
 魔導師の杖の一本や二本、自作するのもそう難しいものではないんだ。
 

ラムリーザ「ネラっちゃん、これもらうよw」
ネラカー「あっ、いつの間に取った!」
ラムリーザ「立派な杖じゃないか、流石だな」
ネラカー「別にそれほど必要なものでもないけどな」
 
 そうか、なら頂くとするか。

 ではさらば、とうっ
 
ネラカー「何がやりたいのだ、あいつは?」
リセッテ「さぁ……、ね」
 
 ………
 ……
 …
 
 さてと、ネラカーにもらった――、というか奪った杖をマルーアに届けて、と。
 
マルーア「こいつは役に立ちそうだ。それじゃ、お偉いさん達にゴマをするコツをいくつか教えてやるよ」
 
 それはご苦労なことだ。
 アンカノ叔父さんにゴマをすってみるか。
 
 無駄なこったろうけどな(;´Д`)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記