home > 投稿 > > フロストフロウ灯台の殺人事件

フロストフロウ灯台の殺人事件

 
 スカイリム北部にて――
 北の方に見えたブリークフォール墓地のような遺跡。

 そこは島にある遺跡でした。
 というわけで、行くのはヤメw
 なにが悲しくて北極海を泳がなくちゃいかんのやー。
 
 というわけで、そのままウィンターホールドに向かうことにする。

 しかしそろそろ日没……
 う~む、ちょっと寄り道しすぎたかな。
 
 とりあえず夜中に雪山を歩くのは遠慮したい。
 ドーンスターに引き返すか、シルバーハンドの要塞で一泊するか。
 いろいろ思案はあるが、見渡すと傍に塔が建っているじゃないですかー。

 フロストフロウ灯台という名前があるようだが、俺達は知らないw
 丁度良い、今夜はここで一泊しますか。
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 
 一泊しようと入ったは良いが、俺達を迎えてくれたものは――

 ――いったい何があった?(;´Д`)
 
リセッテ「なんだか、とんでも無いところにきちゃったみたいね……」
ラムリーザ「と言っても今夜はここに泊まるしか……」
リセッテ「安全そうなところを探してみるわ」
 
 安全な所と言っても、この部屋の真ん中に遺体があるなんてなぁ。
 この遺体の胸に刺さっているのは武器じゃないか?
 何かのトゲのような……
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 
 トゲの正体は分かった。

 暖炉の前に転がっているこいつだ(;´Д`)
 刺さっているのはこいつの脚だ。
 シャウラスが襲い掛かってきて、何とか退治したものの、犠牲者が出てしまったということか。
 
 とりあえず死体の所持品を調べてみると、「ハブドの日記」というものが出てきた。

 どうやら、ハブドとラマティと言う人達が、ハンマーフェルからやってきてこの灯台を買ったようだな。
 よく見ると遺体は褐色、ハンマーフェルのレッドガードだ。
 日記を読むと、この灯台に住み着いた家族構成が見えてきた。
 
 夫がハブドで妻がラマティ。
 あと、マニとスディという子供がいるようだ。
 どこに行ったのだ?
 
 そして、ラマティは、昆虫のような生き物に襲われて死んだ、と。
 犯人は、さっき見たシャウラスだ。
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 
ラムリーザ「日記に書いてるけど、地下室から何か引っかくような音がする?」
リセッテ「ちょっと黙ってて」
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 
リセッテ「聞こえた……」
ラムリーザ「居るな、シャウラスが」
リセッテ「どうするの?」
ラムリーザ「ん~、とりあえず調べてくるから、リセッテはここで待機」
リセッテ「わかったわ」

「わんわんお」、お前はここで見張りしてるんだぞ。
 とりあえず地下室への入り口を調べてみたが、鍵がかかっている。
 これならシャウラスが地下に居たとしても、ここまで来ることはできないだろう。
 
 上の階はどうだ?
 
 灯台の頂上から見る景色もなかなかだ。

 オーロラの空の下、夢追い人ひとり……
 そこには大きな釜もあり、これが灯台として意味を持っているようだな。
 宝箱もあったが、こっちは鍵が無ければ開かない。
 
 
 やっぱり見るべきは地下か……
 
 
 再び元の部屋に戻り、もう少し調べてみることにした。
 部屋には、スディとマラティの日記も残されていた。
 どちらも地下室がどうのこうの書いている。
 地下室にシャウラスが沸いていることは確定ですな。
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 

 なんかホタル入りのビンを見つけたw
 綺麗だからもらっておくw
 その隣の壷の中には、お金と鍵が入っていた。
 たぶんスディの日記に書いてあった「複製した鍵」だろう。
 これて地下室の調査に行けるな。
 

ラムリーザ「リセッテ、疲れているだろ?」
リセッテ「ありがとう、大丈夫よ」
ラムリーザ「先に寝ててもいいんだぞ」
リセッテ「あなたはどうするの?」
ラムリーザ「ちょっと地下室を様子を見てくる」
リセッテ「その台詞、何か引っ掛かるわ……」
 
 ちょっと田んぼの(ry
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 

 リセッテを先に寝かせてと……
 地下室の鍵は手に入っている。
 開けると同時に飛び掛ってくることは無いだろうな。
 とりあえず扉に耳を当て、向こうの様子を伺う……
 
 
 カタカタカタカタカタ……
 
 
 ……音はする。
 が、遠く、もっと深くから聞こえる。
 少なくとも扉の傍には居ないようだ。

 カチャ……
 さて、ここから先が地下室だ。
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記