home > 投稿 > > ドリフトシェイドのシルバーハンド

ドリフトシェイドのシルバーハンド

 
 いよいよ雪山を越えてウィンターホールドを目指すときがやってきた。
 ドーンスターとウィンターホールドの間は、道と言う道は無く、ただ雪原が広がっているのだ。
 もっとも冬の最中、吹雪の中を突破しようとするのは無謀なことだ。
 春が訪れた今なら、それも可能だ……、可能なはずだw

 さて、ここから東に向かうぞ!
 俺の予想ではここを東に進むと、サールザル辺りに辿り着くはずだ。
 
 
 雪原を進むことしばらくすると、目の前に建物と言うか砦と言うか何かが現れた。

 ここはなんだろう?
 誰か居るけど敵かどうかわからんなー。
 とりあえず話しかけてみよう。
 
ラムリーザ「やー、こんにちわー」
シルバーハンド「まずい時に道に迷ったようだな!」
ラムリーザ「なんだ敵かよ!!」
 

 やっちまえ「わんわんお」、俺もやる!
 ちっ、山賊か何かのアジトか。
 
 ここはドリフトシェイド。
 アジトにしている連中は、シルバーハンドという連中らしい。
 シルバーハンド?
 シルバーブラッドの親戚みたいなものだとして、俺の敵確定。
 
 ついでに制圧してやれ!
 
 中には当然のことながら、シルバーハンド一味が立て篭もっている。

 上から狙い撃ちか?
 
 ――と思ったら「わんわんお」が突進してしまってるよw

 まあよい、好きなだけ暴れるが良い。
 
 シルバーブラッドを蹴散らしつつ進み、次は地下に進むことになった。
 ドリフトシェイドの地下という所か。
 
 酒樽がたくさんの地下。
 普通に地下室って所なのだろうな。
 

 そこに鎧でガチガチに固めた奴が出てきた。
 なかなか強そうじゃないか。
 こんな奴は、矢を鎧の継ぎ目にぶち込んで……
 
 ガタン!
 
 ?!
 
「わんわんお」がまた罠を踏んだw

 ……トラップに串刺しになってしまったシルバーハンド(。-`ω´-)
 初めて罠に引っかかることが役に立ったぞw
 
ラムリーザ「よくやった、『わんわんお』よ!」
ミーコ「わん?」
ラムリーザ「まぁ、わからんわなw」
 
 地下室は、途中から壁が崩れ、自然の洞窟となっていた。

 この展開は、シャウラス地獄……
 
 ……と思ったら、珍しいものが檻に入れられていた。

 ウェアウルフはシンディングだけじゃなかったのか。
 めんどくさいことになりそうだから、このままにしておこう……(。-`ω´-)
 
 自然の壁は、この檻があるところだけで、再び地下室のような所に戻ってきた。
 既に死んでいるシルバーハンドも居れば、ウェアウルフの死体があったりして。
 ウェアウルフにでも襲われたか?
 
 ………
 ……
 …
 

 一番奥らしき部屋には、シルバーハンドが三人待ち構えていた。
 まぁ、何人居ようが所詮人間。
 アルドゥインや吸血鬼の親玉を相手にしてきた俺は驚かない。
 

「わんわんお」とのコンビで蹴散らすだけだぜー。
 
 さて、これだけか?
 この先の扉には閂がかかっていたので、外して先に進んでみる。
 

 おろ?
 一周して戻ってきてしまったようだ。
 
 とくにこれと言った物もなく、淡々とシルバーハンド退治でしたとさ。
 でもまぁ稼ぎになったかな。
 
 シルバーハンドはなんだか所持金が多かったんだよねー。
 やっぱシルバーブラッドの親戚か何かなんだろうなー。
 
 今回は、お金稼ぎにはなりましたとさ。
 
 
今回入手したもの
 1578G
 鉄のインゴット
 銀のインゴット
 鋼鉄のインゴット×3
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記