home > 投稿 > > サブストーリー ~麗しのジュニパーと純合金の指輪~

サブストーリー ~麗しのジュニパーと純合金の指輪~

 
フリダ「指輪の在り処は分かったけど、こんな老いぼれじゃ洞窟の中を歩き回るのは無理だ」
リセッテ「わかったわ、探してきてあげます」
フリダ「そいつはありがたい。もし指輪を持ってきてくれたら、それと引き換えに錬金術をいくらか教えてあげよう」
 
 何気に立ち寄った薬屋さん。

 錬金術師フリダは、夫と共に野原に出かけて薬草を集めていたそうだ。
 だが夫は、この前の冬、純合金の指輪を探している間に凍死してしまったと。
 指輪の場所は、「見捨てられた洞窟」だと分かるのだが、フリダ自身は老いてもう行けないと。
 というわけで、代わりに取ってきてあげることになったんだ。
 
 まぁ一応ドーンスターの従士だ。
 街で困っている人を無視できないってこった。
 見捨てられた洞窟に位置は、ホワイトランから北に向かった先のT字路を東にちょっと行った所らしい。
 シルバードリフトの隠れ家の近くかな。
 
 

 というわけでやってきました、見捨てられた洞窟。
 何を見捨てられたのだろうか、純合金の指輪のことかな?
 まさかフリダの婆さんが、夫を見捨てたってことじゃないだろうなw
 
 
 この洞窟は、氷の洞窟になっている。
 そして、徘徊しているのはフロストトロール。
 
 だが俺の敵ではない!

 ま、こんな感じ。
 とまあ、そんな感じにトロールを蹴散らしつつ進む一行。
 

 氷の洞窟の先は、遺跡の入り口に通じていた。
 純合金の指輪はこの遺跡にあるというのか?
 
 
 しかしここはゾンビだらけの遺跡でした。
 行く手を阻むように、次から次へと現れるゾンビ。

 丸い地面が気になるんだけどな……
 いきなり底が抜けるとかないだろうな?
 
 ――と思ったら!
 

 床が持ち上がり、天井から針が落ちてきて、サンドイッチw
 ゾンビの奴、なんか罠で自滅しちゃったよ。

「わんわんお」、円から出たほうがいいぞw
 とまぁここはゾンビだらけ。
 スカイリムって、こんな遺跡が多いよなー。
 
 ここもゾンビはそれだけじゃなかった。
 
 しかし何故か逃げるゾンビ、それを追いかける「わんわんお」、仕方なく付いて行く俺。
 先には細い通路があるが、刃物が揺れていてる罠があるじゃないか……

 罠に飛び込んで行ったぞw
 またしても罠に切り刻まれてくたばるゾンビw
 ま、それはそれでいいけどなっ。
 
 戦わずして、勝つ!
 
 
 さて、先に進むにはこの罠を通り抜けなければならない。
 とりあえず、普通にダッシュで駆け抜ければ大丈夫。
 
 刃物の罠を通り過ぎた先は、大広間になっていますな。
 そして、大広間の奥には……、大成の壁がある!
 こりゃ儲け物だ♪
 
 その瞬間、部屋の中央に置かれてあった棺の蓋が激しく吹き飛ばされ――

 げっ、またこいつだ(;´Д`)
 こいつめんどくさいんだよなー
 
「わんわんお」は相変わらず突進していくけどねw
 その隙に撃ち込んでやればいいか。
 

 おっと危ない!
 危うく丸焼きにされるところだったぜ。
「わんわんお」が必死に食らい付いて押さえているのだ。
 さっさと片付けよう!
 
 隙を伺い――

 ――撃ち込む!
 
 
 ふぃ……
 
 
 これでここも制圧できたことになるか。

 大成にまた一歩近づいたしな。
 死の標的:搾取、か。
 あまり使わないな……、というか、シャウト自体あまり使ってないなー。
 
 やっぱ弓だよ。
 

 純合金の指輪は、言葉の壁の傍にあった箱に入っていましたとさ。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 ………
 ……
 …
 

フリダ「ありがとうよ。それじゃあ、老いぼれの錬金術師が秘儀を教えてあげよう」
ラムリーザ「なんか、地道に錬金術師の道を進んでる」
リセッテ「モーサルのラミにも教わったわね」
フリダ「ご両親はあんたを誇りに思うだろう。こんなに立派なんだから」
 
 俺……
 親父にほとんど勘当みたいな形で、スカイリムの魔導師大学に放り込まれたのですがーあっw
 
 
今回入手したもの
 シャウト 死の標的:搾取
 681G
 エメラルド
 銀のインゴット×4ぐらい
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記