home > 投稿 > > ドーンスターへの旅路

ドーンスターへの旅路

 
 ドーンスターへの旅路は続く。
 シルバードリフトの隠れ家から出た時は、すでに辺りは暗くなっていた。
 どこか泊まる所か野宿か……
 
 幸い、ちょっと進んだところにダンスタッドの砦があった。

 以前はストームクロークの砦だったが、ドーンスター奪還作戦で取り戻したところだ。
 とりあえず、今夜はここに泊まる事にしよう。

 使われていない酒場があったので、そこに泊めてもらうことにする。
 ここは今では帝国領になっているから、まぁ安心できる所だろう。
 
 
 翌朝――
 

ラムリーザ「あれ、着替えた?」
リセッテ「春が来たといってもここから先はタムリエルの北端だからね」
ラムリーザ「ふぅ~む……(。-`ω´-)」

リセッテ「何を見ているのかしら?」
ラムリーザ「なんでもなかとですばい、それでは出発ー」
 
 
 途中、小さな街にたどり着いた。

 レインター・デイルの街というらしい。
 まぁ、とくに何も無い小さな街だ。
 

 この村の裏には、オオカミの巣があったりする。
 このオオカミ、マンモスまで仕留めるのか?
 危険だから退治しておいてあげるか。
 
 …………
 ……
 …
 

 気が付いたら「わんわんお」が片付けていたの巻w
 
 目指すはドーンスターと言う事で、長居せずに着たに向かうことにする。
 しかし、遠くで燃えている家を見かけてしまった。

 ここは、なんか吸血鬼が飼っていた吸血犬の死骸があるのですがー
 

 どうやらここは番人の間らしい。
 そういえばドーンガードに訪れた頃、番人の間が襲われたとか言っていたな。
 
 吸血鬼の脅威は終わったんだ。
 ここはもう、そっとしておこう。
 
 ………
 ……
 …
 
 ドーンスターの近くには、ディベラの像があるのを思い出したぞ。
 ダンスタッドでの戦いから帰る途中に見かけたのだが、一度リセッテを連れてきたかったっけ。

 ここがディベラの祭壇だ。
 
リセッテ「アーリエルの祝福に続いて、ディベラの祝福を頂くのね」
ラムリーザ「俺は『なんでも教』の信者だからなw」
リセッテ「シェオゴラス教のクセにw」
ラムリーザ「シロディールの守護者は英雄の名に相応しい男です。だからデイドラとは言え神なんだよ」
リセッテ「タロスは?」
ラムリーザ「タロスは英雄の名に相応しい男ですが、神ではない――」
リセッテ「…………」
ラムリーザ「――って、エレン姉やんがいつも言ってるんだよ(。-`ω´-)」
リセッテ「はいはい、サルモールサルモール」
ラムリーザ「俺は違うーっ」
ミーコ「わんっ」
 
 
 とまあ、いろいろあったけど、

 ドーンスターにようやく到着しましたとさ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記