home > 投稿 > > 隠匿の森にて

隠匿の森にて

 
 北へ向かう旅は続く。
 
 スカイリムは、大陸の中でもでも北の方に位置しているのだ。
 ある程度北に向かえば、春になってもなかなか雪は解けずに残っている所が多いのだ。
 地面に、まだうっすらと雪が残っている所も多い。
 この辺りからすでにそうなっている。
 
 夏になると丁度良いのかもしれんな。
 
 
 その途中、ウッドエルフが襲い掛かってきた。

 ここではウッドエルフも野蛮なのか?!
 たまねぎ種族の癖に、いったい何がやりたいのだ?
 しかしこう見ると、「わんわんお」って結構でっかい犬なんだな。
 
 仕方ないので始末することにする。

 ったくもー、同じエルフでもここまで違うとはなーあっ!
 何なんだよこいつは?
 吸血鬼でもないし、山賊でもないし、盗賊でも暗殺者でもない。
 いったい何故襲い掛かってくるんだよ……
 持ち物調べてやれ。

 スクゥーマ中毒者でしたか……(;´Д`)ハァ
 
 ………
 ……
 …
 
 気が付けば、目の前に自然にできた洞穴のようなものがあった。
 スカイリムには、まだあまり知られていない自然が数多く存在するものなのだ。

 そしてここは、隠匿の森と呼ばれているらしい。
 折角なので入ってみることにする。
 「道中見かけた場所には、とりあえず立ち寄ってみる」という法則が再発動したようですなー。
 エリクといっしょに旅していたころを思い出すよ。
 ハンマーフェルに行くと言っていたが、今頃は立派な傭兵になっているのかいな?
 
 
 しかし中は――

 ――熊とスプリガンの巣でした……(。-`ω´-)
 いつも通りに「わんわんお」を囮にして、一匹ずつ片付けることにした。
 
 
 しかしここはいったい何の為の場所なのか。
 辺りを調べてみると、棺らしきものが置かれていた。

 どうやら墓の一種なのだろうな……
 しかし長い間誰も訪れなかったことで、スプリガンや熊の巣になってしまったということか。
 
 他には、外から差し込む光で、木が神秘的な輝きを放っていたりするのだ。

 光る木。この木何の木、気になる木?
 この辺りから、「隠匿の森」と呼ばれているのかもしれない。
 いや待てよ、光り輝いていたら隠匿にならねーぞ?
 
 まあいいや。
 
 
今回入手したもの
 324G
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記