home > 投稿 > > サブストーリー ~アムレンと父の剣~

サブストーリー ~アムレンと父の剣~

 
イドラフ「グレイ・メーンか? バトル・ボーンか?」
ラムリーザ「どっちもイヤw」
イドラフ「どっちか選べ!」
ラムリーザ「グレイ・ボーンがいい」
イドラフ「混ぜるな!」
ラムリーザ「どうせ争い事だろ?仲良くしろってこった」
イドラフ「う~む……」
 
 
 ここはホワイトラン。
 もう何度も訪れたことがあるが、スカイリムの中心都市とも言えるところだ。
 
 ネラカーからの連絡では、ウィンターホールド大学の改装が終わったらしい。
 そこで早速向かおうと思ったのだが――
 
リセッテ「ねぇ、また一緒に世界を見て回るのを再開しましょうよ」
ラムリーザ「つまり馬車の使用は?」
リセッテ「ダメ」
 
 最近リセッテの口癖が「ダメ」になってるよ。
 
 というわけで、まだ通っていないルートを使って、ウィンターホールドを目指すことにした。
 スカイリムの真ん中、ホワイトランから北のドーンスターまで抜けて、そこから東に向かうことにしたのだ。
 思えばスカイリムの北の方って、ウィンターホールド周辺しか見ていないよな。
 あの辺りはちと寒いし……
 
 さて、ホワイトランだが――
 久しぶりに訪れてみると、エルダーグリームの苗が大きく成長していたのだ。

 結構成長早いな。
 このぶんだと、立派なギルダーグリーンになる日も近いな。
 
 
 その時、近くから言い争う声が聞こえてきた。
 
サフィール「一族の誇りが大事なのは分かるわ。でもそんなお金はないのよ!」
アムレン「数週間かけて盗賊のアジトを見つけ出したんだ、今やめるわけにはいかない」
サフィール「錆びた古い剣を取り戻すために、妻と娘を飢え死にさせるつもり?」
 
 なんか夫が失った剣を取り戻そうとしているが、妻がそれを許さないみたいだな。
 剣を取るか、妻を取るかとか言う究極の選択みたいなこと言ってら。
 俺の場合だと、妻を取るか弓を取るか……
 だがな、召喚弓にしていたら、失うことはありえないんだよ。
 

リセッテ「何があったのですか?」
アムレン「父の剣を探しているのだが、そればかりに時間をかけている事をサフィールは快く思っていない」
リセッテ「つまり、探してきて欲しいってことね」
アムレン「盗賊のアジトは詐欺師の隠れ家だ、あの剣を見つけたら、持ってきて欲しい……」
 
 
 詐欺師の隠れ家か。
 アクリルの戦士ケマツとサーディアの間の揉め事があった所だな。
 訪れるのも二度目だし、ちゃちゃっと片付けますかー。
 

 とりゃ!

 親分もほりゃ!
 どうせ二度来るなら、ケマツと戦った時に取ってくればよかったかな。
 

 たぶんこれだな。
 なんか俺ら、面倒事解決しますの「なんでも屋」みたいになっとるなぁw
 
 
アムレン「見つけたのか?」
ラムリーザ「これかな?」
アムレン「その剣を探し始めてから数ヶ月になる。あの山賊どもを残らず退治したのか?」
ラムリーザ「邪魔するから蹴散らしてきたよ」
アムレン「礼を言う」
 
 お礼になんか剣術と護衛術を教えてくれたよ。
 剣なんか使わないんだがなぁ……
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
今回入手したもの
 425G
 サファイア(上質)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記