home > 投稿 > > ドーンガード編最終話 ~それぞれの道~

ドーンガード編最終話 ~それぞれの道~

 
 さて、吸血鬼の脅威は去った。
 これでひとまずは大仕事終わりということで、しばらく冒険は止めて休憩したいものだ。
 俺は本来は平穏を好む大人しいエルフなのだ。
 
リセッテ「嘘ばっかしw」
ラムリーザ「なんじゃとー?!」
セラーナ「なにはともあれ、戦いは終わりましたわね」
ラムリーザ「そうだな、これからどうするんだ?」
セラーナ「ドーンガードのところにいようと思っておりますわ。彼らに追い出されるまでの話ですけれども。尊敬できる戦士達ですし、今では味方に吸血鬼がいる利点もご存知のはずですわ」
ラムリーザ「そうだな、達者でな」
セラーナ「あなたもね」

 セラーナはドーンガードに戻るようだ。
 イスランは山ほど仕事があると言っていた。
 セラーナならイスランの助けに十分なるだろう。
 
 …………
 ……
 …
 
シンディング「俺も休息が取りたくなってきたよ」
ラムリーザ「いろいろと活躍してくれたもんな」
シンディング「楽しかったよ、また力が借りたくなったらいつでも呼んでくれ」

 そう告げると、シンディングはブローテッド・マンの洞窟へ戻って行った。
 奴は用心棒としては最適だ。
 また困難に直撃したら、前衛としてまた頼るかな。
 
 ………
 ……
 …
 
ユニコーン「こんなにいろいろ回ったのは初めてですよ」
ホフレス「酒が一番だが冒険するのも悪くないな」
ラムリーザ「外で待ってたり、戦いの邪魔してたばっかしの癖にw」

 ここはファルクリースの森の中。
 ユニコーンとホフレスとはここで別れる事になった。
 
ユニコーン「冒険に行くときはまた声をかけてくださいね、付いていきますよ」
ホフレス「わしもだ」
ラムリーザ「前向きにー、検討しておきますw」
 
 こいつらは冒険にはなんの役にも立たないからなぁw
 今度また呼ぶかどうかは、あまり期待しないでもらおう……(。-`ω´-)
 
 ………
 ……
 …
 
 さてと、残るはリセッテと「わんわんお」だけになったな。
 
ラムリーザ「あとは、『わんわんお』を小屋へ、リセッテをウィンキングスキーヴァーに送ったら終わりだな」
リセッテ「ちょっとw 一人になるつもり?」
ミーコ「わんっ」
 
 ――とまぁ、リセッテ達とは別れる必要がないw

 ここが新居のレイクビュー邸だ。
 何も無いけどな!!
 
リセッテ「いろいろあったね」
ラムリーザ「冒険にも満足したろ」
リセッテ「うん」
ラムリーザ「ソリチュードに帰ってゴロゴロするか? 大学にも行かないといかんし……」
リセッテ「それも良いけど、折角だからレイクビュー邸造りましょうよ」
ラムリーザ「マジか?」
ミーコ「わんっ」
 
 
 俺、建築なんてしたことないのですがー。
 家を建てるなんて出来るのですかー?
 
 あ、そうだ!

 家、できたよ~ヽ(´ー`)ノ ワ~イ
リセッテ「違うでしょw」
ラムリーザ「ダメかw」
 
 
 さて、どうしたものか――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記