home > 投稿 > > ドーンガード編47 ~対決! ハルコン!~

ドーンガード編47 ~対決! ハルコン!~

 
ハルコン「失望したぞ、セラーナ。私がお前に与えたものの全てを投げ捨てたというのか」
セラーナ「わたしのため? 気は確かですの? お父様は私達の家庭を壊してしまいましたのよ!」
 

 なんかセラーナ、満身創痍なのだが……
 
 
 まあよい。
 
 
 ハルコンは俺がやる。
 セラーナもやりにくいだろうし。
 
ハルコン「娘を心変わりさせたのは、お前の仕業のようだな」
ラムリーザ「ふっ、お前たちはこの世を蝕む呪いだな」
ハルコン「ほう、ほう。誇り高き吸血鬼ハンターだな。私を倒したらどうするのだ? 次はヴァレリカか? セラーナか?」
ラムリーザ「お前を倒したら、リフテンに行って結婚式を挙げるのだ!」
リセッテ「違うでしょw」
ラムリーザ「違ったw ハルコン、お前に引導を渡しに来ただけだ!」
ハルコン「なるほど、必要に応じて道徳心を捨て去れるとは……」
ラムリーザ「いや別に吸血鬼始末するのに道徳もクソも無いがw」
ハルコン「今すぐ弓を引き渡せ! 二度目は無いぞ!」
ラムリーザ「アーリエルの弓は俺のものだ! 二度も三度も有ーり得る!」
 

 誰がお前なんかにやるか!
 
リセッテ「ちょっと、星霜の書で……」
ハルコン「く……、そうか、ならば仕方あるまい! 骨から肉を引き千切ってくれる!」
 
 
ハルコンとの最終決戦が今始まった!

 星霜の書はただ読むだけのものだと思うか?
 
ハルコン「まさか星霜の書で殴りつけてくるとはな……、油断した」
 
 ハルコンも本気を出してきたようだ。

 ワープか……
 なるほど、これだと攻撃を当てるのは難しいってことだな。
 
 ワープを繰り返し、火の玉を撃ちつけて来る作戦に出たようだな。
 星霜の書で火の粉を振り払って――
 
ハルコン「ふっ、さっきは油断したが、これでお前の攻撃も封じたも同然だ」
ラムリーザ「ちっ、こっちに来やがれ!」
ハルコン「ふははは! お遊びは十分だ、決着をつけるぞ!」
 

 危ねーな!
 ワープと火の玉攻撃を繰り出してくるが、これでハルコンは自分が優位だと思うだろうw
 
 
 さてと、十分と油断は誘ったかな。

 お遊びはこれまでだ! パオー!!(謎)
 気が付かれないように、星霜の書からアーリエルの弓に持ち替える――
 
 ハルコンは星霜の書で殴られないよう、十分に間合いを取っている。
 一方的に攻撃が出来ると思っていることだろう。
 

 隙あり!
 
ハルコン「何?!」
ラムリーザ「これでおしまいだ!」
 

 食らえ! 太陽神の矢!
 
ハルコン「そんな……、セラーナ……、実の父をお前は……」
ラムリーザ「セラーナは何もしていない! やったのは俺だ!」

 そしてハルコンは崩れ去った――
 
 
 ふぃ……
 
 

 これで、終わったんだよな?
 
 
イスラン「そうか、バケモノは始末したか。君はスカイリムを救ってくれたのだ」
ラムリーザ「また救世の英雄か、必要なら何度でも救ってやるよ。俺はこの世界が好きだしな」
イスラン「吸血鬼どもが居なくなっても戦いは続く。砦に戻ったら、仕事が山ほど待っているぞ」
ラムリーザ「それは遠慮しときます……(。-`ω´-)」
イスラン「君が協力してくれたら光栄だよ」
ラムリーザ「前向きに検討しておきます……(。-`ω´-)」
 
 
 こうして俺は、またしても救世の英雄になったのであった。
 
 
~ Congratulation ~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記