home > 投稿 > > ドーンガード編45 ~ドーンガード一斉蜂起?!~

ドーンガード編45 ~ドーンガード一斉蜂起?!~

 
イスラン「その弓は……、アーリエルの弓じゃないか!」
 
 いよいよハルコンと対決するときが来たのだ。
 セラーナも共に戦ってくれると約束してくれたのだ。
 簡単なことではないが、そうするしかないのだ。

 そこでイスランにアーリエルの弓を見せてみたのだ。
 イスランはアーリエルの弓に驚き、ドーンガードが有利な状況に立った事を理解したようだ。
 そこで、ドーンガード全員を集めて、ついにヴォルキハル城に乗り込むことを決意したようだ。
 
 
イスラン「みんな! 集合だ!」

イスラン「吸血鬼どもが夜を汚し同胞達を殺すのを、我々は長い間許してきた! しかし今、我々はついに反撃の手段を手に入れたのだ! 今や我々はアーリエルの弓を手に入れた。神は我々を選んだのだ! その期待に応えようではないか!」
 
 ……ほとんど俺の手柄だけどなーw
 吸血鬼の斥候退治。
 武器強化の為の図面探し。
 新しい武器の調達。
 そしてアーリエルの弓入手。
 全部俺がやった、お前ら本拠地で飯食ってただけw
 
 
 まあよい。
 
 
イスラン「ハルコンと奴の不浄な予言を終わらせるときが訪れたのだ!」
ソリーヌ「クロスボウのボルトを、眉間に叩き込んでやるのよ!」
デュラック「予言は潰えた!」
 
 やる気マンマン。
 
 しかし気がかりもある。
 俺たち以外のメンバーって、吸血鬼と戦えるのか?
 
 モーサルの時みたいに、「俺に任せとけ」で済ませたほうが無難なような……
 
 と思ったけど、出会い頭に――

 ――吸血鬼の斥候を蹴散らしておる。
 この調子だとなんとかなりそうだな。
 
 ………
 ……
 …
 
 ヴォルキハル城――

 ついにここまで来た!
 長い旅だったな!
 
 攻め込むのは、イスラン、セラーン、デュラック、ガンマー、ソリーヌ、フロレンティウス。
 それと我がラムリーザ軍団々だ!
(アグミルは最後まで使えず仕舞いかw)
 
 待ってろよハルコン!
 お前のカレンダーも残り少ないぞ!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記