home > 投稿 > > ドーンガード編43 ~ドーンガードのルーンのハンマー~

ドーンガード編43 ~ドーンガードのルーンのハンマー~

 
フロレンティウス「かつてのドーンガードの死霊術では、面白いオモチャが作り出されたようだ」
ラムリーザ「オモチャか、興味深いな」
フロレンティウス「アーケイも言っているが、我々の戦力として利用できそうだ。それを手に入れるべきだ」
ラムリーザ「わかった、オモチャを探してこよう」
リセッテ「……で、そのオモチャとは?」
フロレンティウス「魔法で満たされた強力な戦槌。地面に防御のルーンを描く事により、持つ者の敵を撃破するだろう……」
 
 
 アーリエルの弓が手に入ったが、総攻撃を仕掛ける前に、準備万全にしておきたいものだ。
 ドーンガードの戦力UPのために、隠された武器を探すことになった。
 
 場所はカグレンゼル。

 リフテン東の山脈に位置している。
 雰囲気的に、ドゥーマーの遺跡のようだな。
 またファルメルの巣か……
 
 カグレンゼルの中には、ほのかに輝く祭壇みたいなものがあるだけだった。

 これがオモチャなわけはないな。
 
ラムリーザ「ちょっと触ってみよう」
リセッテ「え?」
 

 あっ、閉じ込められてしまった……(;-`ω´-)
 
リセッテ「不用意に触るから……、どうするのよ?」
ラムリーザ「ここは落ち着いて対処するのだっ」
ミーコ「わんっ」
 
 「わんわんお」は引っ付き虫だから、閉じ込められたりしたときはいつも一緒になるなー。
 しかしこのままではどうにもならない。
 牢屋だったらどこかに出るためのカギがあるはず……
 

 その瞬間、床がひっくり返った!

 落ちます、落ちます(;´Д`)

 落ちます、落ちます「わんわんお」も落ちます。
 
 なんかやべ、マリオ3の5-2みたいだ……
 どこまでもどこまでも落ちていく……
 
 ………
 ……
 …
 
 ドボーン!

 下が水場で助かった。
 しかし凄い落ちたな……
 
 とにかく水から上がれるところを探して上っていこう。
 とりあえず、目的のオモチャはここにあるはずだ。
 
 水から上がれるところは、その先が細い通路になっていた。
 先に進むしかないので、用心深く進んでいく。

 途中、岩が転がってきたりしてこれはタマラン。玉RUN……(。-`ω´-)
 「わんわんお」よ、隠れないと当たるぞw
 
 ………
 ……
 …
 
 慎重にしばらく進んでいると、背後から足音が。
 それに明かりを持った誰かが追いかけてきているようだ。

 あれ?
 
ラムリーザ「わざわざ付いてきたのか?」
リセッテ「はぐれるよりは一緒の所に飛び込むほうがましよ」
 
 ふっ。
 こうなれば心配も無用、怖いもの無しだ。

 ファルメルも通りすがりに片付けていくぜ。
 だが目的はオモチャだ。
 
 おそらく箱に入っているのだろうな。

 つまりこのハンマーがそうかな。
 フロレンティウスも戦槌と言っていたしな。
 

 どうだ? 強そうか?
 
リセッテ「なんだか似合わないねぇ……」
ラムリーザ「ふんっ、ハンマーなんて野蛮なノルドにピッタリだいっ」
 
 
 というわけで、面白いオモチャ――
 ドーンガードのルーンのハンマーを手に入れましたとさ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記