home > 投稿 > > ドーンガード編41 ~ヴィルスールとの決戦~

ドーンガード編41 ~ヴィルスールとの決戦~

 
 最奥聖域で、ヴィルスールに最後の大広間で遭遇した。
 ヴィルスールは、シャウラスやファルメルをけしかけた後、広間を破壊してバルコニーに出て行ったのだ。
 逃げ道はないはずだ、後は追い詰めてやってまうだけよー!
 
 
 追っていったセラーナの元にたどり着くと、既にヴィルスールとの口論が展開されていた。
 
セラーナ「もうよろしいですわ、ヴィルスール。弓をおよこしになって!」
ヴィルスール「何のつもりだ、私はアーリエルの最高司祭だぞ。この耳は神の耳なのだ!」

ヴィルスール「この目を見ろ、セラーナ。私は何者だ?」
セラーナ「あなたは……、吸血鬼ですの?」
 
 何とな?
 ヴィルスールも吸血鬼?
 なんだか吸血鬼になったことでアーリエルに復讐をしたいとか言ってるが……
 神に復讐なんて可能なのか?
 
ヴィルスール「必要なものは吸血鬼の血液と、その武器であるアーリエルの弓だけだった!」
セラーナ「吸血鬼の血……、アーリエルの弓……、あれは……、あなたでしたの? あなたがあの予言を創り出したと?」
ヴィルスール「予言を完成させる最後の要素……、純粋なる吸血鬼の血液。コールドハーバーの娘の血液だ」
セラーナ「待っておりましたのね、ずっと私の血を持つ誰かがやってくるのを!」

 ネックハンギングツリー(。-`ω´-)
 
セラーナ「でもお生憎様、これは渡しませんわよ。あなたの血の力がこれにも通用するか、見てみましょうか!」
 
 ヴィルスールも負けていない。

 全身から炎を発し、セラーナから逃れたのだった。
 モステクマディフェンスか?
 ついに全面戦争開始だな!
 
 戦いとなると、いつも通り獣達は突撃するものだ。

 「わんわんお」無理するな、といいつつ押しているか。
 
ヴィルスール「何の茶番だこれは?」
 
 ヴィルスールもまさか獣達に襲われるとは想定外だったかもなw
 まさに茶番劇、動物園( ^ω^ )
 
 
 まあよい。
 
 
 「わんわんお」に気を取られている隙に狙撃してやれ。

 シンディング……(;-`ω´-)
 そこにシンディングまで割り込んで来たぞ。
 よし、二匹でヴィルスールを押さえておけ。
 
ヴィルスール「我こそは、永遠の闇の始まりを告げるものだ!」
 
 はいはいそうですか。
 だが俺の一発でその野望もおしまい――
 
 
 ――って!

 ちょw
 おまww
 
 シンディングのやつ、ヴィルスールをバルコニーからふっ飛ばしよったw
 恐るべしウェアウルフのふっ飛ばし攻撃。
 

 おいおい……

 マジかよ……
 ヴィルスール、なんだかんだと雑魚をけしかけたり、広間を破壊したり、ご立派な演説をしたりしていたけど……
 

 最後は転落死ですかぁ( ̄▽ ̄;)
 血の力とか言う物は何だったのですかー?
 
 
 ただいまの決まり手はー、突き落としー、突き落としでシンディングの勝ちー。
 
 
 それに俺、何もしてないよw
 こんなので良いのなら、最初から「ふすろだ」で良かったのか?
 今度から高台での戦闘では、積極的に「ふすろだ」使おw
 そういえばマルカルスの野蛮人や、ドラゴンブリッジの吸血鬼でも使ったなーw
 
 
 なんともまぁ、あっけなく、マヌケな最後でしたっと。
 
 
 さて、アーリエルの弓は?
 まさか、ヴィルスールが持っているとか?
 それだと取りに行くのが面倒だー!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記