home > 投稿 > > ドーンガード編35 ~闇につつまれた地~

ドーンガード編35 ~闇につつまれた地~

 
 アーリエルの弓を求めて進む一行。
 最奥聖域に通じている洞窟は、これまで体験した洞窟よりもずっと暗い場所であった。
 紫の光を発する植物のようなものが、辺りをほんのわずかだけ照らしている程度だ。

 カメノテみたい。
 しかしこの光輝く植物は――
 
 ――近寄ると筒の中に引っ込んでしまうのだ。

 そうなると、辺りは完全な闇に閉ざされてしまう。
 いや、この洞窟暗すぎるって……
 ここまで真っ暗になる洞窟は初めてだ。
 今までの洞窟は、なんらかの光源があったということだろうな。
 
 しかしここの光源は、光る謎の植物で、近寄ると引っ込んでしまうのだ……
 

 ランタンを持つリセッテの傍でもこの程度だ。
 
ラムリーザ「リセッテ先頭歩く?」
リセッテ「え? 私が?」
ラムリーザ「まぁ止めとこう」
 どこかの世界には「レディファースト」という言葉があるそうだが……
 
 
 まあよい。
 
 
 ここはこれを使うしかないな。
 ずっと荷物になっていた「灯明の杖」でも使おう。

 うおっ、シンディングが傍に居たのか(^^;
 驚かせるんじゃないっw
 
 だが「灯明の杖」の明かりは周囲を十分照らし、これでようやく先に進むことができるようになった。

 こんな感じに周囲を照らしながら進む。
 
 ………
 ……
 …
 
 しばく進むと、突然光の中にファルメルが姿を現した。

 マズい……
 向こうは目がないからこの光は感じていないのだろうが、恐らく音でこちらの場所を突き止めているのだろう。
 「わんわんお」辺りの気配を感じ取って、射抜こうとしているのか?
 
 しかし、音を立てずに移動すれば、有利な展開に持ち込める。

 柵を乗り越えてコソコソと暗殺っぽくw
 って、背後にもファルメル居たのかよ(;´Д`)
 これは、見えないもの同士の戦いだな……
 
 カタカタカタ……
 カタカタカタ……
 
 この音は――

 ――傍に居るよな……(。-`ω´-)
 この状況でどうしろと言うのだw

 見つかる前に焼き殺すことにしたw
 
 遠くでは、ドカーンドカーン魔法を撃ち合う音が響く。

 セラーナがやりあってるようですねー。
 閃光がきらめく一瞬だけ姿が現れてるんだよね。
 そっか、吸血鬼は暗視が効くんだってな。
 
 セラーナ、ここは君に任せるよw
 
 

 洞窟の中には、光り輝く岩も存在していた。
 足元の植物も、ほのかに紫色に輝いている。
 なんともまぁ、神秘的な場所ですこと。
 ブラックリーチを思い出させる光景ですね。
 
 

 おや?
 気が付くと「わんわんお」以外行方不明になってるぞ?
 
 みんな無事かー?
 
 
今回入手したもの 
 143G
 ガーネット(上質)
 極大魂石
 鋼玉のインゴット
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記