home > 投稿 > > ドーンガード編33 ~ダークフォール洞窟の川流れ~

ドーンガード編33 ~ダークフォール洞窟の川流れ~

 
 星霜の書を読むことで、アーリエルの弓はドルアダッチ要塞から北に向かったところにあると言う事が分かった。
 吸血鬼よりも先に手に入れるために、そこに向かってみることにした。

 ドルアダッチ要塞から北に進む一行。
 なんだかこのパーティに馴染んできてしまったから怖い。
 
 獣率が過半数を超え、戦闘で役に立たないのがユニコーンとヘラジカの二匹。
 前衛は獣二匹の犬とウェアウルフ、そして後衛は女二人、一方は吸血鬼。
 多種多様入り乱れたパーティだ。
 
 まあよい。
 
 俺のような天才狙撃手でなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。
 
 
 さて、ドルアダッチ要塞から少し北に進んだところに、洞窟を一つ発見した。

 ここにアーリエルの弓が隠されているのか?
 洞窟は、蜘蛛が住み着いているだけで、まぁいつもと同じような感じだ。
 最初にたどり着いたポイントは、穴にかかった橋だ。
 穴の底は川になっているようだ、落ちたら流されてどこに行くか見当も付かない。
 
 橋は、片方の綱が千切れており、今にも壊れそうだ。

 ちと怖いな……(;-`ω´-)
 下に見える水の流れもかなり早い急流となっている。
 落ちたらタダでは済みそうにないな……
 
 とりあえず渡り切った先にあったものは、月長石の鉱脈だけだった。
 これは精練しておけば、それなりに飾れるかも。
 というわけで、採掘しておく。

 カンカンカン。
 
リセッテ「いつも思うけど、シドナ鉱山を思い出すのよねぇ」
ラムリーザ「一緒に掘ってくれよ」
バリマンド「掘ってやろうか?」
ラムリーザ「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
 
 また悪寒が……
 最近、ツッコミだけでなく、気持ち悪い幻聴が聞こえるんだ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
 
 
 掘り掘りは止めだ、鉱脈以外にはここには何も無い、引き返すか。
 そうして先ほどの橋を渡り、中間点辺りまで来たときのことだった!

 ?!
 ちょwwwwww
 なんでこうなるのー?!
 
リセッテ「危ないーっ」
ラムリーザ「ウェアウルフが渡ったから脆くなったんだー!おぼえてろ『わんわんおー』!」
ミーコ「わん?」
 
 
 どぼーん(棒読み)
 
 
 きゅ、急流?!

 なすすべもなく流されてしまう。
 リセッテも落ちてしまったか……(。-`ω´-)
 まぁ、離れ離れになるよりかはマシか。
 
 しかしどこに流されるんだー?!
 
 ってか、目の前に滝が待ち構えているんだけどー?!
 滝から突き落とされ――

 ちょっと待った!
 滝つぼの対岸に巨大蜘蛛の群れが……(;´Д`)
 滝つぼに放り出されて戦っている場合じゃない。
 空中戦なんてシャレたことなんて、できねーよっ。
 
 
 どぼーん(棒読み)
 
 

 再び急流に流される。
 よく見えないが蜘蛛も流れてきているのかと思うと、ゾッとしやがる……
 先ほどの悪寒と比べたら大したことないがな!
 
 しばらく流されていると、ようやく穏やかな流れの所で止まることができた。
 一体どこまで流されたんだ?

 ……やっぱり蜘蛛まで流れてきたか(;´Д`)
 セラーナも橋から落ちたようだな……
 リセッテの姿が見えないが無事か?!
 

 蜘蛛は魔法で片付ける。
 これでもアークメイジなんだいっ。
 
 召喚弓は、咄嗟に準備できないのが欠点なんだよなぁ。
 まぁ、魔法もそれなりにこなせるから別に良いけどねっ。
 故郷のサマーセットでは中の下レベルでも、スカイリムでは上レベルと言えるのだ。
 
 
 ふぃ……
 
 
 ここはどこだ?
 というところで、続く。
 
 
今回入手したもの
 150G
 月長石の鉱石×6
 回復の薬(究極)
 疾病退散の薬
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記