home > 投稿 > > ドーンガード編32 ~星霜の書の教え~

ドーンガード編32 ~星霜の書の教え~

 
 いよいよ星霜の書を読むときが来た。
 
 ええい、行くぜ!

 ――同じじゃないか!
 この魔方陣が一体何だって言うんだ?!
 情報を得るためには、3冊とも読まなければならないというのか?
 
 デキソンは一冊で見えなくなってしまったんだ。
 大丈夫か俺?
 
 しかしやるしかない。
 知りたいことは何だっけ?
 
 
 思い出した、アーリエルの弓だ。
 
 アーリエルの弓、アーリエルの弓……
 弓について意識を集中してみれば――

 ――何かが浮かび上がってきたぞ?
 亀裂?
 これがアーリエルの弓と関係があるのか?
 
 
 待てよ?
 徐々にだが――

 ――地図のようなものが見えてきたぞ?!
 北東にソリチュード、南西にマルカルス、北には山脈。
 それらを繋ぐ川の中央。
 北西に伸びる川の先に印が――
 
 そうか、星霜の書はこのような形で情報を提供するんだな。
 目的の地はマダナックの居るドルアダッチ要塞の北か?!
 そこにアーリエルの弓が?!
 
 

 あ……
 
 何も見えなくなってしまった( ̄□ ̄;)!!
 
 
 やっぱりこうなるかー(;´Д`)
 もうリセッテを見ることができないんだ(´・ω・`)
 そもそもこの状態でどう戦えと言うのだ?
 心眼を会得するしかないのかよ……
 だから嫌だったんだよ……
 
 
リセッテ「大丈夫?」
ミーコ「わんっ」

 ――あれ?
 よかった! リセッテが見える!(`・ω・´)
 
セラーナ「大丈夫ですの? あなたが雪みたいに白くなってしまったものですから、死んでしまうのかと思いましてよ……」
ラムリーザ「リセッテが見えるから心配ない、大丈夫だ」
セラーナ「アーリエルの弓は? どこに行けば見つかるのかしら?」
ラムリーザ「おそらくドルアダッチ要塞から少し北に行ったところだ」
リセッテ「マダナックさんの所ね」
 
 
 アーリエルの弓か。
 アーリエルの弓について知っていることをセラーナに聞いてみた。
 
 アーリエルはエルフの神の一人だそうだ。
 8大神の中にアーリエルって居たっけ?
 サルモールはタロスの代わりにアーリエルを持ち上げようとしているのだろうかw
 
 で、その弓の力は、太陽自身から得ているらしい。
 だから予言に登場すると。
 だが、何に使うのかはわからない。
 吸血鬼は、アーリエルの弓を使って太陽と何かするつもりなのか?
 
 
 とりあえず次の目的地は決まった。
 ドルアダッチ要塞の北部を目指そう。

 ――と思ったら、何か攻めてきたのですがー!
 
 どうやら吸血鬼共が、ここを嗅ぎ付けて襲い掛かってきた模様。
 それとも、再びリセッテを誘拐するために突撃してきたのか?

 鬱陶しいよ!

 全く、油断も隙も無いな……
 
 どうやら急ぐ必要があるようだな。
 あ、でもシドゲイルのボンボンに酒を届けないとなー。
 なんだってこう、急ごうとしている時に限って邪魔が入るんだろう(;´Д`)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記