home > 投稿 > > ドーンガード編30 ~誘拐されたリセッテ~

ドーンガード編30 ~誘拐されたリセッテ~

 
 さ~て、今日も「わんわんお」と遊びながら小説でも書くかな。
 それとも魔導師として一人前になるかな~?
 
 
 
フロレンティウス「なにぼんやりしている、アーケイから悪い報せが届いたんだ」
ラムリーザ「なんぞ?」
フロレンティウス「奥さんがさらわれた!」
ラムリーザ「お前のか?!」
フロレンティウス「違う、俺は独身だ。あんたのだ!」
ラムリーザ「な、なんだとおーーーうっ?!」
 
 
 な、なんてこったい!
 
 まさか吸血鬼がリセッテを誘拐するなんて……
 しかし、いつの間に?!
 異世界にうつつを抜かしていた間か?!
 
 くそ、俺が悪いんだ……
 星霜の書を恐れてぐずぐずしていたからこんなことになったんだ……
 
 
 わかったよ。
 吸血鬼は本気で俺を敵に回すってことだな。
 思い知らせてやる!
 
 
フロレンティウス「アーケイは生や死をはっきり言わない。彼女は生きているのか?」
ラムリーザ「おま……」
フロレンティウス「まだ希望はあるはずだ! 場所はホルテッド・ストリームだ!」
 
 
 待ってろよリセッテ!
 
 

 ここか……
 以前来た所だけど、また沸いてきたか!
 ほんと吸血鬼ってゴキブリみたいな連中だよなーあっ!
 
 
 ここにリセッテが囚われているのか……
 
 
 全軍突入じゃあ!
 
 
 っと待った!

ラムリーザ「だ、大丈夫か?!」
リセッテ「あなた、来てくれると思ってたわ。思ったとおりよ!」
 

リセッテ「心配しないで、大丈夫よ」
ラムリーザ「俺は怒ったぞ! 吸血鬼は、根絶やしだ!!!」
セラーナ「…………(汗)」
 
 

 この奥に、リセッテを捕らえたやつらが居るのは分かっている!
 

 全軍かかれ!
 吸血鬼は一匹たりとも存在させぬわ!
 
 

 血に餓えたキ○ガイめ!
 血が欲しければ自分の腕に噛み付いて、自分の血吸ってたらいいんだよっ。
 そしたらグルグルまわって永久機関、誰にも迷惑かけない。
 
 
 俺はこの時誓った。
 何が何でもハルコンは滅ぼしてやる……、と。
 お前らは、一番やってはいけないことをやらかした。
 
ラムリーザ「星霜の書を読みに行くぞ。ぐずぐずしてられない!」
リセッテ「もう、私は大丈夫だから、いきり立たないで」
 
 
今回入手したもの
 261G
 アメジスト
 ガーネット(上質)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記