home > 投稿 > > サブストーリー1 ~数々の野暮用~

サブストーリー1 ~数々の野暮用~

 
 さて、星霜の書を手に入れたので、このままドーンガードに戻ってもいいが、途中、再びソリチュードに立ち寄ることにした。
 馬車でリフテンまで移動した方が早いしな。
 
 ついでに、フィンのリュートをインゲ先生に届けておくことにする。
 そういえば俺は、吟遊詩人大学生だったなー。
 すげー長い間欠席している気がするが、出席日数は大丈夫だろうか……
 魔導師大学の方は、個人個人で好きなことやってるし、そもそも最高管理者が俺だしなーw
 

リセッテ「あ、ここに『ドゥーマー太古の物語 第五部』があるわ」
ラムリーザ「それがどうかしたか?」
リセッテ「忘れたの? モーサルの錬金術師ラミが求めていた本じゃないの」
ラムリーザ「忘れたなw」
リセッテ「まあいいわ、後で届けに行きましょう。」
 
 
 インゲ先生に会いに行ってみると、丁度リュートの授業中でした。
 インゲ「指の位置に気をつけて。特に曲の変わり目の時に」

 出席日数稼いでおこうw
リセッテ「無理して受けなくてもいいのよw」
インゲ「なんだいこの獣達は! ラムリーザ、あんたが連れてきたのかい?」
ミーコ「わんっ!」
ラムリーザ「気にせず授業を続けてください……(;-`ω´-)」
インゲ「こんな状態では授業できないわ、なんとかしなさい」
ラムリーザ「お前ら、ユニコーン見習って外に出てろ!」
ミーコ「わんっ!」
 
 仕方ねーなっ。

ラムリーザ「フィンのリュートを見つけてきたよ」
インゲ「えっ! あんたが? そりゃすごい!」
ラムリーザ「これがそうです、どうぞ」
インゲ「このリュートに見合うだけの金を払うのは無理だけど、長年学んできたことを色々と教えてあげるわ」
ラムリーザ「そんなものどうでもいいから、代わりに出席日数をごまかしてくださいw」
インゲ「授業は受けたい時に来ればいいんだよ。確かにあんたの出席率はかなり低いがね……」
リセッテ「さあ、モーサルのラミの所に行くわよ」
 
 大丈夫だろうか、俺の吟遊詩人大学生活……(。-`ω´-)
 
 ………
 ……
 …
 

ラムリーザ「え~と、要望の本はこれだったかな?(俺は覚えてないけど)」
ラミ「ありがとう、一冊の本から驚く程たくさんの事が学べるのよ」
 
 というわけで、お薬のつくり方を少し教えてもらえたのでありましたとさ。
 
 ………
 ……
 …
 
 それともう一つやっておくことがある。
 ダーネヴィールとの約束だ。
 人がいると驚くと思うので、少し離れた場所にしよう。

 出て来い出て来いそりゃあ!

ダーネヴィール「ああ、ヴスの自由な空気よ! 待ちかねたぞ!」
ラムリーザ「ブスだと? リセッテがブスに見えるのか?」
ダーネヴィール「約束通り、ソウル・ティアリングの最初の一語、”リィ”を教えよう。敵の命の粋を意味する」
ラムリーザ「リィ……、リィィィ……、リィィィィィィ!」
ウラッグ「フューリーに取り憑かれた狂戦士か?」
 …………(。-`ω´-)
 

 そして、ダーネヴィールは、気持ちよさそうにタムリエルの空へと舞い上がっていった――
 
 
 数々の野暮用おしまいっ
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記