home > 投稿 > > ソウル・ケルンにて5 ~星霜の書(血)~

ソウル・ケルンにて5 ~星霜の書(血)~

 
 ヴァレリカの持つ星霜の書を得るには、ヴァレリカを閉じ込めている障壁を取り除く必要がある。
 障壁は、魂を吸い取っている尖塔の番人を倒すことで解けるということだ。
 そして、全ての番人を始末した後、再びヴァレリカの元に戻ってきたら……
 
 障壁が無くなっている!
 
 これで交渉できるということだ。

ラムリーザ「これで星霜の書をもらえるのか?」
ヴァレリカ「ええ、ついてきなさい」
 
 意外とあっさりだったな。
 
ヴァレリカ「ただし、ダーネヴィールに警戒して。牢獄の障壁が壊れた今、調査しに来るのはほぼ確実よ」
ラムリーザ「ドラゴンだろ、ドラゴンボーンに任せておけ」
 
 ヴァレリカの案内で、星霜の書を置いてあるところに向かう。
 そこは、開けたところで、ステージのような感じになっていて――
 
セラーナ「待って! 何か聞こえましてよ!」
ラムリーザ「なんぞ?」
 
 セラーナの指差す方向に目をやると、そこには漆黒のドラゴンが迫ってきていた。

 ついに来たか……
 ダーネヴィールか……
 どこにでもドラゴンは居るものだな。
 
 ドラゴンボーンに勝負を挑むとは、愚かなやつめ。

 しょうがねーなっ。
 
 障壁は全て――

 ――取り除く!
 
 こう言っちゃなんだけど、アルドゥインに比べればなー。

 ちょろいもんよ。
 ごめんよ、俺はもうあんたらの親玉に勝ってるんだ。
 さて、いつもの吸収……
 ん? あれ?
 
 消え去ったよ。
 
ヴァレリカ「驚いてごめんなさい、でもあのドラゴンの死を見るとは思いもしなかったの……」
ラムリーザ「気にするな。俺もドラゴンとの初遭遇は、右往左往していただけだ」
ヴァレリカ「ダーネヴィールの記述がある巻では、通常の方法では殺せないと断言しているが、間違いのようね」
ラムリーザ「それはどうだか、吸収できなかったのが気になるけどな」
ヴァレリカ「復活の可能性もあるわけね」
ラムリーザ「その前に、星霜の書だ」
 

 あった。
 これに間違いないな。
 
セラーナ「行きましょう、デキソンに届けますわよ」
ラムリーザ「そうだな」
セラーナ「あなたがいてくれてよかった。一人では無理だったと思いますの」
ラムリーザ「それはなによりだな」
 
 だがヴァレリカはここに残るという。
 ハルコンが太陽の専制を実現する公算が高くなるというのだ。
 つまり、ヴァレリカの血でも良いわけか?
 
 そして最後に、警告と要望を述べてきた。
 ハルコンは信用できない、望むものを得るためには必ず欺いてくると。
 そして、セラーナの安全を守ると約束して欲しい……、と。
 
 
 セラーナもなかなか戦える。
 ハルコンにだけ注意していれば、それ以外については自分で自分の身を守れるはずだ。
 

 なんというか、星霜の書が増えたぜ。
 
セラーナ「書が見つかったのは嬉しいですわ、でも……、母にも一緒に来て欲しかった」
ラムリーザ「すべてが終わったとき、きっとまた一緒になれるさ」
 
 どのような結末を迎えるか、今の俺にはわからない。
 言えることは、精々この程度の気休めだ。
 
 さあ戻ろう、ドーンガードへ。
 そして、リセッテの元へ――
 
 
 

 ぎょっ!!!
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記