home > 投稿 > > ソウル・ケルンにて2 ~アルヴァク~

ソウル・ケルンにて2 ~アルヴァク~

 
 ソウル・ケルンの探索は続く。
 ここにはどうも危険な場所があるみたいだ。

 大きな黒魂石か?
 しかし、この石に近づくと、生命力を吸い取られてしまうのだ。
 
 
 ソウル・ケルンの探索途中、魂からこんなことを言われた。

 アルヴァク?
 アルヴァクとは彼の馬で、一緒にここにやってきたが、化物に襲われたので「逃げろ」と命じたそだ。
 するとそれ以来ずっと逃げ続けているようで……
 なんとか助けてやって欲しいということだ。
 
 どうやら助けるには、アルヴァクの頭蓋骨が必要なようで。
 馬の頭蓋骨ね。
 
 まぁ、探せたら探してみましょう。
 
 

 ん?
 骸骨馬?
 なんかあっち行ったりこっち行ったりしているが……
 
 ひょっとしてこれがアルヴァクかね?
 確かに逃げ回っている。
 首は付いているけどなぁ……
 引っこ抜けってことか?
 
 ――と考えているうちに、何処かへ逃げ去ってしまった。
 
 他の頭蓋骨を探すか。
 
 ………
 ……
 …
 
 ソウル・ケルンをしばらく彷徨っていたら、何かを飾っている祠みたいなものを見つけた。
 

 何かの骨みたいだ。
 よく見ると、馬の頭蓋骨にも見える。
 ひょっとして、アルヴァクの頭蓋骨か?
 
 見つけたは良いが、周囲にゾンビの群れが……
 
 見つからないように狙撃するのはお手の物だし、この程度の数なら連射で問題ない。
 頭蓋骨を調べるのは、ゾンビ共を片付けてからでもよかろう。
 

 これが頭蓋骨か。
 なぜゾンビ共は、これを守っていたのだろうか?
 
 アルヴァクの頭蓋骨を手にすると、どこからともなく魂が現れた。
 ん、アルヴァクを助けて欲しいと言っていた魂かな。
 

魂「あんたはアルヴァクを救ってくれた! あいつの魂は自由だ!」
ラムリーザ「それはなによりです」
魂「あいつはすごく忠実でね。どれ、呼び方を教えてやろう」
 
 というわけで、アルヴァクの召喚術を教えてもらえた。
 
 試してみるか――

 ――出た!
 ただ弓を振り回すだけじゃなく、魔法も使いこなせる所が俺の凄いところだよなw
 
 さて、アルヴァクだが、スケルトンホース?
 どうでもいいや。
 とりあえず一走りしてみますか。
 

 うーむ、背骨がゴツゴツしていて「ケツに刺激」が……(;´Д`)
(バリマンド「ガタッ(リフテンにて 思わず立ち上がる)」)
 
 なんか身震いがした……
 今日はここまでにしとこう……(。-`ω´-)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記