home > 投稿 > > ソウル・ケルンにて1 ~彷徨う魂~

ソウル・ケルンにて1 ~彷徨う魂~

 
 ソウル・ケルン――

 魂石の中の魂が消費されたあとに送られる場所――(仮説)
 俺は今、そのソウル・ケルンを探索している。
 
 ソウル・ケルンには「アイディール・マスター」という者が居るらしいが、それはどこに居るのかは不明だそうだ。
 とりあえず、セラーナの母が星霜の書を持っていると期待して捜索するしかないかな。
 俺は死霊術師ではない。
 とっとと目的だけ果たして帰りたいものだ。
 

 魂が彷徨っているようだ……
 それ以外にも、ここに閉じ込められた魂が多数存在している。
 黒魂石を使うとこういうことになるのか?
 ちと酷いな、使わないようにするべきだろうな。
 

 エネルギーの柱、なんなんだろな。
 ピクミンの間欠泉を思い出すがw
 

 周囲は青白い障壁で阻まれている。
 ここから先へは進めないようだ。
 
 
 …………
 
 

 途中、モルベン・ストラウドという商人らしき魂に出会った。
 彼はここでも取引してくれるそうだが、ここではお金は無用の長物。
 代わりに「魂のハスク」というものを25個集めてきたら、それと交換してくれるそうだ。
 
 魂のハスクか……

 それは、至る所に生えているようだ。
 25個集めるのはそんなに苦労することではなかった。
 しかしこれは何だ?
 食い物か?
 おいしいのか?
 
 早速モルベン・ストラウドに持っていくと、剣、両手斧、軽装鎧、重装鎧、呪文の書のどれかと交換してくれると言う。
 剣や斧など要らない、鎧も必要無いということで、呪文の書をもらうことにした。
 
 呪文の書は、「死者撃退の光」というものだった。
 なにやらアンデッドを追い払う魔法だとかで。
 ここでは役に立ちそうだな。
 
 
 いろいろと回っていたら、さらに呪文の書を見つけることができた。
 ラスマン召喚というものらしいが、何が出てくるのやら。
 呪文の書を手にしてみたら、突然ゾンビ共が襲いかかって来た。
 
 守っていたのか?
 
 ちょうどいい、早速死者撃退の光を使ってみますかー!
 
 ――あれ?
 効いてない(;´Д`)
 

 やっぱ弓か……(。-`ω´-)
 
 ここには至る所に召喚の呪文の書が置かれているようだ。

 こんなものも手に入れた。
 そしたら大量にミストマンとか言うのが湧いてきて……
 
 めんどくさー(;´Д`)
 
 
 ソウル・ケルンの探索は続く――
 
 
 
今回入手したもの
 107G
 呪文の書:死者撃退の光
 呪文の書:ラスマン召喚
 呪文の書:ミストマン召喚
 デイドラの心臓
 マンモスの牙粉
 黒魂石×2
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記