home > 投稿 > > ドーンガード編25 ~ソウル・ケルンの謎~

ドーンガード編25 ~ソウル・ケルンの謎~

 
 ヴォルキハル城廃墟を抜けていくと、広い部屋に到着した。
 そこは、部屋の中央にサークルのある場所であった。

 これはなんぞ?
 
セラーナ「この場所を見て、ここに違いありませんわ!」
ラムリーザ「何が?」
セラーナ「母が死霊術にのめりこんでいた事は存じておりましたわ」
ラムリーザ「また死霊術か……、まぁ吸血鬼だから好きにするがええ」
 
 だがこの仕掛けが何なのかは、いまの段階ではさっぱりわからない。
 円環が何か重要なものなのかはなんとなくわかるのだが……
 
 とりあえず手分けしてこの部屋をくまなく探してみることにした。
 何でもいいのだ、手がかりになりそうなものがあれば……
 

 ヴァレリカの日記だ。
 内容はソウル・ケルンの転移門がどうとかこうとか。
 セラーナに見せてみたところ、これはソウル・ケルンへ無事に入るための手順が記されていると言う。
 
 仮説でしかないが、ソウル・ケルンと言うものは、魂石の中の魂が消費されたあとに送られる場所だと。
 ソウル・ケルンには強大な力を持つ存在が複数いて、死霊術師はそれらに魂を送り、見返りとして力を得ていると。
 そしてセラーナの母は、ソウル・ケルンに行けないかという検討に時間を費やしてしたらしい。
 部屋の中央の円環が、何らかの転移門だと……
 
 ソウル・ケルンへ無事に入るために必要なものは以下の物だ。
 
 丁寧にひいた骨の粉。
 浄化された虚無の塩。
 魂石の破片。
 そしてヴァレリカの血液だそうだ。
 
 ヴァレリカの血液は手に入れようが無いが、そこはセラーナの血で試してみることにする。
 娘と言うことは、血を引いているということだから、なんとかなるはず。
 それ以外の素材は、この部屋にあるかもしれないので探してみることにする。
 
 棚の上、机の上等を漁ってみると、それらしきものはすぐに見つけることができた。
 転移門の器というものに入れるようだが、それはこの部屋の高台に見つけることができた。

 ここに入れるのね。
 あとは、セラーナの血液か。
 
セラーナ「あとは私次第というわけですのね。」
 

 血液を注ぐセラーナ。

 すると、サークルが光り輝きだしたのだ。
 ソウル・ケルンへの入口が開いたのか?
 
 とりあえず行ってみよう。

 なんだかすごく抵抗を感じて入れないぞ?
 
ラムリーザ「どうなってるのだ?」
リセッテ「なんだか苦しいわ……」
セラーナ「考えてみれば、予想すべきでしたわね。私の不注意でしたわ」
ラムリーザ「なんぞ?!」
 
 どうやら、ソウル・ケルンは飢えているような物で、入ろうとすると代償に命を吸い取るのだそうだ。
 入る方法は二つ。
 一つは吸血鬼になる事。それは、吸血鬼が生ける者と見なされないからだと。
 もう一つは、魂の一部を差し出す事。それは、部分的な魂縛をかけて、その魂石をアイディール・マスター達に捧げること。
 それ以外の方法は思いつかないということだ。
 

 俺は迷わず魂縛を選んだ。
 
 吸血鬼になるのは、どうしても納得できない。
 しかしここから先はリセッテ達は入っていけないことになる。
 仕方ないことだが、俺とセラーナの二人で行くことになりそうだ。
 

リセッテ「無事に戻ってきてね……」
ラムリーザ「当たり前だ、戻ってきたら――」
リセッテ「戻ってきたら?」
ラムリーザ「リフテン聖堂で――」
リセッテ「それはもうやったでしょw」
 …………(。-`ω´-)
 
 
 とにかくソウル・ケルンに突撃だー!
 
 
 続く――
 
 
今回入手したもの
 黒魂石×2
 極大魂石
 パール
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記