home > 投稿 > > ドーンガード編23 ~ヴォルキハル城中庭にて~

ドーンガード編23 ~ヴォルキハル城中庭にて~

 
セラーナ「中庭にたどりつきましてよ」
ラムリーザ「昼だというのに薄暗いな」
セラーナ「ああ、なんて事かしら……」
 

 ヴォルキハル城の地下通路を抜けて中庭にたどり着いたは良いが、見た感じ荒らされているような……
 そして何世紀もの間、誰も足を踏み入れてなかったようにも見える。
 セラーナは、以前ここから城の大広間に通じていたというが、どうやら父に封印されたようで使えないと言う。
 

 確かに門らしきところが破壊されているな。

 庭園もすっかりこのザマだ……
 
セラーナ「お待ちになって!」
ラムリーザ「なんぞ」
セラーナ「ここの月時計は何かおかしいですわ。クレストがいくつかなくなっていますし、時計自体も傾いてますのよ」

リセッテ「……で、何がやりたいのかしら?」
ラムリーザ「なんとなくw」
 
 月時計がおかしいというなら、調べてみますか。
 無くなったクレストも探してみないとな。
 
 適当に庭を散策していると、草陰に満月のクレストが落ちていた。

 これを――

 ――前後の月齢から判断して正しい場所に――

 ――はめ込む、と。
 
 
 何も起きないw
 
リセッテ「まだ無くなっているものがあるみたいよ」
ラムリーザ「全部はめないとダメか、宝探しだな」
 
 残りのクレストも探すか。
 
 
ミーコ「わんわんっ!」
ラムリーザ「ここ掘れわんわんか?」

 お、えらいぞ「わんわんお」
 半月のクレストか。
 
 そして、少し離れた場所に、三日月のクレストもあった。
 これで外れていたクレストを全て集めたみたいだな。
 

 全てはめ込むと、何かか起きるのか?
 はめ込んだとたんに、地面からゴロゴロ音がして、月時計に異変が置き始めた。
 地面が沈み、針が回転し――

 ――地下への入口が姿を現した!
 
セラーナ「賢明ですわね、お母様。とても賢明ですわ」
ラムリーザ「懸命にクレスト探したしな」
リセッテ「ケンメイ違いよ」
セラーナ「このトンネルには入った事がありませんけど、中庭の下を通って塔の廃墟に通じている事は賭けてもよくてよ」
 
 そうか!

 それでは突入だーっ!
 
リセッテ「違うでしょw」
セラーナ「あの人は、いつもああなのですか?」
リセッテ「気にしないでください……(´-ω-`)」
 
 
 というわけで、いよいよ城に乗り込む時が来たぞっと。
 
 
 続く――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記