home > 投稿 > > ドーンガード編22 ~潜入、ヴォルキハル城~

ドーンガード編22 ~潜入、ヴォルキハル城~

 
 残る一つの星霜の書を求めて、ヴォルキハル城に潜入することになった。
 星霜の書は、セラーナの母ヴァレリカが知っているか持っているからしい。
 会えるかどうかわからないが、以前からよく訪れていたという城の中庭を調べるのだ。
 
 正面から城に入ることは不可能だと思われるので、別の方法で侵入することにする。
 島の北側に放棄された入江があり、そこに昔の脱出用トンネルが城までつながっていると言うのだ。
 

 放棄された入江、か。
 確かに城の北側に建物がある。
 しかしよく見ると、ゾンビもウロウロしているようだ。
 
 先に片付けてから――

 ――こら、お前ら!
 相変わらず血の気の多い猛獣共めが。
 んじゃ、任せるからなw

 アーチャーだけは片付けておいてやる。
 
 その隙に、俺はセラーナ達と先に潜入することにする。

セラーナ「古い貯水池ですわ。ここの臭いときたら……」
ラムリーザ「まるで下水……、っと静かに」
 

 城の中は番犬というか、吸血犬が徘徊しているようだ。
 気がつかれる前に片付けてしまおう。
 こっちの突進軍団が来る前にw

 ふぃ……
 
 通路にいるのは吸血犬ぐらいだ。
 見つかる前に射抜く作戦で先に進む一行。
 
 しかし橋が閉じられていて先に進めない。

 ――ということらしい。
 スイッチを探しに行きますか。
 邪魔者が出たらお前らに任せるからなw
 

 トゲトゲの罠かいな。
 当たるかよw
 なんか後ろで「キャン」とか悲鳴があがっているが、「わんわんお」辺りは当たったということかなw
 どうでもいいけど、周りよく見ろよw
 

 蜘蛛の糸か……
 ということはこの先にお化け蜘蛛が居るということだな。

 やはりなw
 だが俺の敵ではない!
 
 蜘蛛を倒した先にスイッチがあり、それを作動させることで道が開けたのであった。
 
 先ほどの橋を進んだ先は、上に続いている階段であった。

セラーナ「ここを行けば中庭に出ますわ。まっすぐ砦に向かって」
ラムリーザ「ホフレス邪魔」
ミーコ「わんっ」
 
 
 地下通路はこれで突破か。
 次は中庭ですな。
 
 
 続く――
 
 
今回入手したもの
 183G
 アメジスト(上質)
 
アメジストの入手率が高い気がするな。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記