home > 投稿 > > ドーンガード編19 ~星霜の書に書かれていることとは?~

ドーンガード編19 ~星霜の書に書かれていることとは?~

 
イスラン「驚いたな、聖蚕の僧侶をそんなに早く見つけるなんて」
 
 俺達一行がドーンガードに戻ってきた時には、既に聖蚕の僧侶デキソンは到着していた。

 早速セラーナが持っている星霜の書を解読してもらわなくてはな。
 星霜の書を解読するには集中が必要なようで……
 
 みんな息を潜めて、デキソンを見守ることになった。

デキソン「見えるぞ、巨大な弓が見える。この武器には見覚えがあるぞ! 『アーリエルの弓』だ!」
 
 弓か!

 弓なら任せておけ!
 
リセッテ「あのね、関係ないことで話の腰を折らないの」
ラムリーザ「承知した……(。-`ω´-)」
 
 
 デキソンが解読した内容は、以下の通りだ。
 声がささやく、『夜の子供達の中から、ドレッド・ロードが現れる』
 戦いの時代、ドラゴン達が人間の国に舞い戻るとき、闇と光が混ざり、夜と昼はひとつになる。
 弓の力の秘密はどこか別のところに書かれている。他の書に記録された予言の続きがあるようだ。
 書のひとつにはドラゴンに関するいにしえの秘密が含まれ、もうひとつには古き血が持つ力の事が記されている。
 
 ここまでであった。
 ドラゴン達が人間の国に舞い戻るときってのは、アルドゥインの驚異のことじゃないかな?
 戦いの時代とい言えばそうだったしな。
 
 
デキソン「予言を全て知るには、残りの2巻の書が必要だな」
 
 必要な残りの星霜の書。
 それは「竜」について書かれていること、「血」について書かれていることである。
 
 ひょっとして俺が持っているのが「竜」について書かれているのじゃないのか?
 アルドゥインについて書かれていたみたいだしな。
 とにかく、残りの書を手に入れて、この予言における「アーリエルの弓」の役割を解き明かさなければな。
 弓のことならすごく興味あるしなw
 
 
セラーナ「少し話がしたいのですけれど」
ラムリーザ「なんぞ」
セラーナ「星霜の書がどこにありそうなのかの見当ならつきますわよ」
ラムリーザ「その星霜の書はどこに?」
セラーナ「私の母、ヴァレリカを見つけなくては……」
ラムリーザ「バクラムとかウォルスタとか?」
ウラッグ「それはヴァレリアだ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 こほん
 
 

 セラーナの話では、母ならその星霜の書のありかを知っているそうだ。
 もしかしたら持っているかもしれないと。
 だが、セラーナの母ヴァレリカはどこに?
 
セラーナ「母と最後に会ったときは、どこか安全な場所へ行くと言っておりましたわ、父が決して探さないような場所へ」
ラムリーザ「用心しているみたいだな」
セラーナ「そうですわね、なぜあのような言い方をしたのかよく分かりませんわ」
ラムリーザ「多分サルモール大使館に隠れているよ、絶対に探さないからなw」
リセッテ「それはあなたでしょw 灯台下暗し、ヴォルキハル城の城内に隠れていると思うわ」
セラーナ「きっとそうですわ!」
 
 セラーナの母は、お城の中庭で庭園の世話をしていたそうだ。
 そしてその場所は、セラーナの父は和やかすぎるということで、大嫌いだったようだと。
 
 というわけで、ヴァレリカに会えるかどうかわからないが、調べる価値はありそうだということになった。
 正面から城に入ることは不可能だと思われるので、別の方法で侵入するようだ。
 島の北側に放棄された入江があり、そこに昔の脱出用トンネルが城までつながっていると言う。
 
 
 さて、どうしたものか――
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記