home > 投稿 > > カースワステンにて ~シルバーブラッドは出て行け!~

カースワステンにて ~シルバーブラッドは出て行け!~

 
 旅路にて――
 
ラムリーザ「カースワステンはこっちか」
リセッテ「ちょっと、また!」

ラムリーザ「どうした?」
リセッテ「危ないから止めてよ……」
 

 しかし癖はなかなか直らない(^^;
 
 
 道なりに進むと、前方に町が見えてきた。
 ここがカースワステンってことかな。

 しかし、町の入口では、なんだか揉め事が起きていた。
 う~む……、行く場所行く場所で問題が起きているのは気のせいか?
 
 どうやら、この町にある鉱山の件でシルバーブラッド一族と揉めているようだ。
 
 
 シルバーブラッド……
 ソーナー・シルバーブラッド。
 俺とリセッテを無実の罪で投獄したとんでもない奴。
 
 シルバーブラッドとなると、俺の敵だ。
 なんとかしてやろう、シルバーブラッドの反対勢力ということでw
 
 
 そういうわけで、カースワステンの責任者に肩入れすることにした。

 彼の名前はアイネサック。
 何代にも渡ってカースワステンを所有してきたという。
 
 だが、フォースウォーンが襲ってきた時に、シルバーブラッド一味が突然「助け」に現れた。
 奴らに土地を売り渡すまで、誰も仕事に戻れないと言う。
 シルバーブラッドの連中が、強引に土地を取り上げようとしているのだ。
 
 シルバーブラッド一族はリーチの半分を所有していて、全てを手に入れるまでは止まらないと思っている。
 
 だが大丈夫。
 俺が来たから、あのシルバーブラッドの盗賊一味には好き勝手させないさ。
 追っ払ってしまえ!
 
 
 早速、シルバーブラッド側の責任者のいる鉱山に赴くことにする。
 銀山か。
 欲に眩んだゲス共めw
 

アタール「この鉱山の「安全」を保つよう、シルバーブラッドに派遣されてきた」
ラムリーザ「それはご苦労なことだな」
アタール「この前、フォースウォーンに襲撃されたのだ。ここは閉鎖されている、失せろ」
ラムリーザ「そうは行かんな、部下と共に立ち去れや」
アタール「アイネサックに手を貸す気か? ふん、その胸にダガーを刺さないでいい理由があれば教えてくれ」
ラムリーザ「街中が追い出したがっているし、それに加えてだな――」
アタール「何だ?」
ラムリーザ「この付近に屯していたフォースウォーンなら、ついさっき駆逐してきたからな」
アタール「お前一人でか? 信じられないな」
ラムリーザ「試してみるか? シルバーブラッドの一味なら、殺した方が早そうだしなw」
アタール「おっと待ってくれ、冗談だ。もう行くよ、行くから!」
リセッテ「…………」
 
 
 ふぃ
 
 
 ちと荒っぽかったかな?
 だが、シルバブラッド一味が敵となると、容赦するつもりはないからな。
 

 銀をもらっちゃおうw
 
リセッテ「シドナ鉱山思い出すね」
ラムリーザ「あの時、なんでわざわざリセッテまで来たんだ?」
リセッテ「あなたが心配で様子を見に来ただけで捕まったのよ……」
ラムリーザ「そっか、わざわざすまんこってす」
 
 
 おっといかん、忘れてた。

 シルバーブラッド一味が立ち去るのを確認しておかないとな。
 二度と来るなよ。
 
ラムリーザ「これでシルバーブラッド一味は立ち去ったな」
アイネサック「ありがとう、おかげで皆助かったよ。これを受け取っておいてくれ」
 

 これでカースワステンに平穏が戻ったわけだな。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
今回入手したもの 
 報酬 1200G
 銀のインゴット13本(採掘したものを精錬した)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記