home > 投稿 > > フォアベアーズ・ホールドアウトにて

フォアベアーズ・ホールドアウトにて

 
 スイートロールを盗んだ聖蚕の僧侶を追う一行。
リセッテ「違うでしょw」
ラムリーザ「あれ?」
 
 聖蚕の僧侶の一団は、馬車でドラゴンブリッジから南に向かっていたが、途中で吸血鬼の襲撃をうけ、馬車は破壊されてしまっていた。
 事故の現場から続く血痕をたどっていくと、洞穴にたどり着いたものだ。
 
 この中に聖蚕の僧侶が居るのか?
 
 
 中にはいってすぐに開けたところに出たが、奥では何か結界のようなものがあるだけだった。
リセッテ「あれは何かしら?」
ラムリーザ「吸血鬼も居るみたいだな……(。-`ω´-)」
 

 先に仕留めておくか

 乱戦になるとめんどくさいしな

 まぁ、こんなもんよ。
 
 見張りは他にもいるな、全て片付けておこう。

 吸血鬼やめて衛兵になるがよいw
 吸血鬼はこれで片付いたかな?
 
 
 ガルルルルル……
 
ラムリーザ「どうした『わんわんお』」
ミーコ「う~、わんっ!」
 
 違ったか?

 いや、吸血犬が接近していたか!
 
 おい「わんわんお」達、出番だぞ!
 目には目、歯には歯、獣には獣だ!

 ウェアウルフにすっ飛ばされる吸血犬w
 
 
 ふぃ
 
 
 というわけで、邪魔者を排除したあとで、奥にある結界の傍まで進むことにした。

 なんか「マグナスの目」を思い出して嫌になるな(;´Д`)
 この結界をなんとかしないと、中の人と会話できないぞ。
 

 手がかりと言えば、先程退治した吸血鬼が所持していた謎の球体ですな。
 他に目につくものといえば、高台にある何かの装置だけだ。
 装置には、球体をはめ込むような穴があいている。

 そこで、装置に球体を設置してみると、結界は消え去った。
 
 これで中の人と――

 ――って、結界が解けると、突然襲いかかって来た。
 なんだこれは、「わんわんお」共、袋ただきにしてやれw
 そんなにスイートロールを返すのが嫌か?!
 
デキソン「おい、やめてくれ! 降参だ!」
ラムリーザ「ならばスイートロールを返せ!」
デキソン「あれは……、君と戦うつもりはなかったんだ」
ラムリーザ「この期に及んでスイートロールが惜しくなったんだろう」
デキソン「違う! 状況は理解していたけど、体が勝手に動いたんだよ」
 
 

 彼の名前はデキソン。
 白金の塔に住む聖蚕の僧侶だ。
 吸血鬼たちは、おそらく身代金目当てで彼の身柄を確保していたと考えている。
 
 そこで、星霜の書について頼み事をしてみると、彼は快く引き受けてくれた。
 星霜の書の事なら喜んで協力するというのだ。
 
 聖蚕の僧侶にとって、星霜の書の研究は、神聖な任務だと言う。
 予言が書かれたいにしえの巻物から未来を読み取り、そしてその知識を皇帝のために使うのだと。
 また、巻物を探して、時には世界中を旅することもあると言う。
 彼がスカイリムに来ていたのは、そのためだ。
 
 皇帝か、帝国軍か。
 白金の塔に住んでいるから、そうだよな。
 
 そこまで語ると、彼はドーンガード砦に行くことを約束し、この場を立ち去っていった。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記