home > 投稿 > > ウィンターホールド大学にて ~聖蚕の僧侶の行方~

ウィンターホールド大学にて ~聖蚕の僧侶の行方~

 
 ウィンターホールド――
 春が来たのにまだ雪が残っている北の果て。
 
 俺のスカイリムでの生活はここから始まった。
 のんびりと魔法の勉強だけで過ごせると思っていたが、「マグナスの目の暴走」のおかげで今がある。
 
 
 

リセッテ「ここがウィンターホールドの大学なのね」
ラムリーザ「俺がスカイリムに最初に訪れた場所だよ」
 
 リセッテも魔導師大学は初めてだという。
 まぁ、一般人は普通近寄らないわな。
 
 
 さて、ジェイザルゴは元気にしているかな?
 

 やってるやってる。
 訓練もいいが、たまには外に出て実戦で試すのも重要だぞ。
 まぁ、また機会があれば連れ出してやろう。
 今は「獣率増加」が深刻だから遠慮しておくがなw
 
ラムリーザ「久しぶりだな、代理w」
ジェイザルゴ「お、ラムリーザが戻ってきた」
 
 しかし今回はジェイザルゴに用はないw
 聖蚕の僧侶について知っているのは、ウラッグのじいさんぐらいだろう。
 

ラムリーザ「ウラッグのじいさん、聖蚕の僧侶を探しているのですがー」
ウラッグ「聖蚕の僧侶だと? 一体どうしてそんなものが必要になるんだ?」
ラムリーザ「なんでだろうねぇw」
リセッテ「ちょっとw」
ウラッグ「帝都に行け、というのが当然の答えだ。聖蚕の僧侶達は白金の塔に住んでいる」
ラムリーザ「それは知ってます、でもスカイリムに来たという噂が……」
ウラッグ「うむ、図書館で調べ物をしに立ち寄った後に、ドラゴンブリッジに向かったようだ」
 
 また「ふりだしに戻る」ですかw
 ドラゴンブリッジにはつくづく縁があるものだ。
 
ウラッグ「急げば向こうで追いつけるかもな」
 
 
 そうか、急ごう。

ネラカー「待て」
ラムリーザ「なんやねん!(`・ω・´)」
ネラカー「大学をもっとアミューズメントチックにしたいと考えているのだ」
ラムリーザ「また突拍子もないこと思いつくな」
ネラカー「そこで、アークメイジの許可をもらうというわけだ。いいよな?」
ラムリーザ「わかった、ご自由にどうぞ。でも、アークメイジの部屋は触るなよw」
ネラカー「知らんなw」
 
 
 アンカノ叔父さんが居ないのと、俺がアークメイジだということを利用して、好き放題する気だなw
 
 
 まあよい。
 
 
 もっと大学が楽しくなるようなら、ネラカーの好きにさせよう。
 俺もここに戻る楽しみができるというわけだ。
 さて、急いでドラゴンブリッジに向かわなければ。
 
フェンリル「待て」
ラムリーザ「今度はなんぞ!(`・ω・´)」
フェンリル「私はここに残ることにする。ちょっと大学が気になったものだ」
ラムリーザ「ほー、それはなによりだ」
フェンリル「ラムリーザ達の旅の無事を祈っている」
ラムリーザ「わかった」
 
 フェンリルって魔導に長けている感がしていたが、やはりここが気になったか。
 戦力ダウンは痛いが、獣率も下がるし、フェンリルの好きなようにさせてやるのもいいだろう。
(フェンリルが居ると、ドッカンドッカン戦闘が無茶苦茶になるので、やむを得ず外したというのは内緒w)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記