home > 投稿 > > ドーンガード編17 ~聖蚕の僧侶を求めて~

ドーンガード編17 ~聖蚕の僧侶を求めて~

 
 セラーナの持っている星霜の書に、吸血鬼の野望を止めることができることが書かれているそうだ。
 ちなみに俺の持っている星霜の書は、アルドゥインの野望を止めることが書かれているということかな。
 
 星霜の書を読むことができるのは、シロディールに住んでいる「聖蚕の僧侶」だけだそうな。
 だが、「聖蚕の僧侶」らしき学者がスカイリムにやってきたという情報も入った。
 どこに居るかはわからないが……
 
 セラーナはその「聖蚕の僧侶」を探したいというが、この広いスカイリムで一人探すとなると大変だ。
 困ったときは物知りな人に――
 しかも星霜の書と言えば、魔法関係ということだ。
 
セラーナ「ウィンターホールド大学のアークメイジに聞いてみるのは如何かしら?」
ラムリーザ「彼は多分知らないと思うよ……(。-`ω´-)」
リセッテ「知ってるわけ無いよね、あなたー?w」
ラムリーザ「俺は以前星霜の書について、ウラッグのじいさんを訪ねたことがあるんだ」
セラーナ「ウィザードは普通の人達が知るべきではない事を色々とご存知ですものね」
ラムリーザ「もちろんだ……(。-`ω´-)」
リセッテ「例外も居るけどね、とくに大学で一番偉い人とかw」
ラムリーザ「やかましw」
 
 
 というわけで、一行は北を目指すことになった。
 目的地は北の果てウィンターホールドにある魔導師大学。
 ここから普通に北上すれば良いだけだ。
 

 途中、初めて見る洞窟があった。
 
リセッテ「この場所そういえば、インゲ先生の言っていた盗賊のアジトじゃないかしら」
ラムリーザ「何かあったっけ?」
リセッテ「ほら、フィンのリュート」
 
 そう言えばそういう話もあったな。
 入ってみるか。

 いきなりやばそうな光景が……
 事故でもあったのか、盗賊の仲間割れか、それとも迷い込んだ市民が盗賊に?

 ここの通路は水の流れる細い道。
 水路に沿って掘り進んだのか、自然にできた水路なのか?
 結構細いので、大きなウェアウルフとかが詰まってなければ良いがw
 
 水路の途中には、やはり盗賊がいた……、が……

 俺ガン無視w
 なんというかもう、フェンリルに気を取られすぎ。

 その結果、お馴染みのフェンリル無双。
 ドッカンドッカンやかましいことこの上ないw
 
 フェンリル狙うと氷漬け。
 ウェアウルフ狙うと馬鹿力ですっ飛ばされる。
 俺を狙うとハリネズミw
 ホフレス狙うと囮に引っかかり狙撃を喰らう。
 リセッテは後方にいるので直接狙えない。
 狙うのは「わんわんお」ぐらいにしとけ、そこが一番手頃だ。
 まぁ、その場合でも俺が狙い撃ちするけどねw
 
ラムリーザ「しかしこんな所にリュートなんかあるんかいな?」
リセッテ「その宝箱にしまっているんじゃないかしら?」

 ここか……
 
 うむ、なんかリュートが入っているね。

 これかな?
 盗賊にはこのリュートの価値は分かっているのだろうか?
 俺もわからんがw
 
 ………
 ……
 …
 
 洞窟の奥は、鉱石の採掘場になっていた。

 盗賊も採掘しているようだな。

 ついでに俺も採掘しておくか……
 
 なんか後ろでドッカンドッカン言ってるんですがー
 採掘していた盗賊でも叩きのめしているのだろうなw
 
 
 まあよい。
 
 
 リュートはまたソリチュードに帰った時に渡すとして、北上を続けますかな。
 
 
ラムリーザ「なぁ、リセッテ……」
リセッテ「なあに?」
ラムリーザ「自由っていいよな」
リセッテ「なによ急にw」
ラムリーザ「フェンリルやウェアウルフ、無茶やってるけど楽しそうだよな」
リセッテ「ちょっとやりすぎ感もあるけど、うん、確かに楽しそうだからいいんじゃない?」
ラムリーザ「自分の好きなように生きられる、何者にも生き方を介入されない、俺はスカイリムのこういう所が好きだ」
リセッテ「何を悟ったのかしら・・それじゃあサルモールに居る幼馴染のお姉さんはどうなのかしらw」
ラムリーザ「あのお方は別です……(。-`ω´-)」

ラムリーザ「なぁ、リセッテ」
リセッテ「なあに?」
ラムリーザ「愛しているよ」
リセッテ「ちょw なによ急にw」
ラムリーザ「言ってみただけw」
 
 
今回入手したもの
 391G
 フィンのリュート
 ガーネット
 ゴールドとエメラルドのサークレット
 月長石の鉱石×6
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記