home > 投稿 > > ドーンガード編13 ~太古の技術~

ドーンガード編13 ~太古の技術~

 
 俺たち一同は、次はマルカルスを目指すことになった。
 ソリーヌから、また新しいドゥーマーの設計図の情報が入ったのだ。
 その場所は、マルカルスの「ヌチュアンド・ゼル」。
 どういった所の事かさっぱりわからんが、行ってみればわかるだろう。
 
 
 しかしマルカルス……、ストームクロークと不正が支配する暗黒の街……

 慎重にな……
 また牢屋にぶち込まれたらかなわんからな。
 不正バリバリの市警隊とストームクローク、どっちがマシなのだろうかなw
 
 

 う~む……
 オンドルマールの姿は見えないな。
 これは探し出さないと、俺がサルモールに入れられてしまうよ……
 
 
 さて、「ヌチュアンド・ゼル」だが、現在発掘調査の最中で部外者立ち入り禁止だそうだ。
 発掘調査の管理をしているカルセルモに頼み込むしかないか。

ラムリーザ「発掘現場に入れておくれ」
リセッテ「単刀直入すぎw」
カルセルモ「ダメだ、と言うところだが、何度か世話になったお前の事だ。入れてやってもよいぞ」
ラムリーザ「話が早いな」
カルセルモ「ただし、作業員が『ニムヒ』と呼ぶ大きな毒蜘蛛がいるのだ」
リセッテ「退治して欲しいわけね」
カルセルモ「そうだ」
 
 
 というわけで、毒蜘蛛退治を条件に、「ヌチュアンド・ゼル」に入れてもらえることになりました。
 

 うん、ドゥーマーの遺跡だ。
リセッテ「これがドゥーマーの遺跡」
ラムリーザ「マルカルスから脱出した時の通路みたいだな」
 
 中を進むと、確かに蜘蛛が住み着いている。

 これでは発掘作業員も安心できないだろう。
 
 ………
 ……
 …
 

 なんか広いところに出てきたな。
 いかにも親玉が居そうな……
 

 出たー! であえであえーっ!
 
 こいつはでかい、お化け蜘蛛だ。
 どのくらいでかいかと言うとだな……

 ウェアウルフが迫力負けしているんだよ!
 
 

 だが俺の敵ではない!
 こいつがおそらく「ニムヒ」とか言う奴だろうな。
 これでカルセルモも安心なわけだ。
 
 
 さてと、俺達の目的である「ドゥーマーの設計図」を探すか。
 
 この広間には、帝国兵の遺体と、傍に落ちているメモだけだ。

 

 そしてメモ、違うじゃないか。
 でもなんか問題でも起きたようだな。
 
 ついでに調べてみるかぁ
 
 
 ここ、マルカルスで余計なことを調べるのには抵抗があるんだけどな……(。-`ω´-)
 
 
~続く~
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記