home > 投稿 > > ドーンガード編11 ~先制攻撃~

ドーンガード編11 ~先制攻撃~

 
 最初にドーンガード砦を訪れたとき、砦の中に壁に面した門があった。
 その時は何のためにあるのか分からなかったが、そっち方面でなんか音がするので見に行ってみたところ――
 

 何か飼ってる?
 
 なんだろ?
 

 武装したトロールだ。
 ガンマーが言っていたな、トロールを武装させて戦闘に備えると。
 
ガンマー「どうだ、トロールの兵士も順調に訓練が進んでいる」
ラムリーザ「やりますな……(。-`ω´-)」

ガンマー「ところで、日の光から隠れている化け物をまたしても見つけた」
ラムリーザ「吸血鬼か」
ガンマー「死霊術師の一団と立てこもっている、仲間達を吸血鬼の一団に変えてしまう前に仕留めるんだ」
ラムリーザ「任せとけ」
 
 
 場所はボルダーフォール洞窟、リフテンの北に少し行ったところだ。
 洞窟の傍に近づくと、死霊術師が襲いかかってきた。
 吸血鬼と組むとは、愚か者め!

 フェンリルのやつ、分身術も会得しているのか……
 ウェアウルフとフェンリルの大暴れで、俺何もしないうちに退治しちゃったよ。
 
 

 さて、この奥に吸血鬼の親玉が潜んでいる。
 みんな慎重に行けよ!
 
 ……と思ったけど~
  
 フェンリルの――

 ――ドカーーン!

 何事じゃあ? 何騒いでいる!

 ああ、そういうことねw
 
 吸血鬼の親玉は?
 もう片付いた?
 片付いたのね、それじゃあ今回もこれにておしまいっ。
 
~ Mission Complete ~
 
 毎度のことながら、俺、何もしてねーw
 
 ………
 ……
 …
 
ガンマー「素晴らしい!これで危険な化け物一家を一つ減らせたわけだな」
ラムリーザ「なんでもお任せあれ!」
 
 俺、「監督」しているだけで事が進むんじゃないだろうかw
 
今回入手したもの
 118G
 デイドラの心臓×2
 極大魂石
 アイスストームの杖
 
 
リセッテ「ちょっと! 何その気持ち悪い心臓!」
ラムリーザ「いや、なんか物珍しくてw」
リセッテ「私は持たないからね!」
ラムリーザ「はいはい」
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記