home > 投稿 > > ソリーヌとドゥーマーのジャイロ ~探し物は何ですか?~

ソリーヌとドゥーマーのジャイロ ~探し物は何ですか?~

 
 さて、次はリーチでドゥーマーの調査をしているブレトンの娘だ。
 リーチ……、リーチ……
 
リセッテ「マルカルスの辺りがリーチよ」
ラムリーザ「マルカルスか、行きたくないな……」
 
 リーチ地方の事はマルカルスで聞くのが一番だが、マルカルスには行きたくない。
 ストームクロークの支配する地だし、帝国軍が今奪還作戦を実行しているところだし。
 それにオンドルマールの件もあって関わりたくない。
 
リセッテ「それじゃあ、マダナックさんに会ってみましょうよ」
ラムリーザ「その手があったか」
 

 というわけでやってきました、ドルアダッチ要塞。
 以前、マルカルスに囚われたとき、マダナックたちと共に脱出した先だ。
 フォースウォーンは基本的に敵対関係だが、ここだけは特別だ。
 マダナックはいつでも訪ねてくるが良いとか言ってたっけな。
 
 
ラムリーザ「また来てみましたw」
マダナック「おお、お前さんたちか、久しぶりじゃの」
リセッテ「この辺りでドゥーマーの調査をしている娘を見かけませんでしたか?」

マダナック「ドゥーマーの調査をしている者なら、対岸に見かけたようじゃが……」
ラムリーザ「対岸か、ありがとよ」
 
 どうでもいいけど、ホフレスとあんたら――

 ――何やってんの?
 そんなにヘラジカが珍しいか?
 
 ………
 ……
 …
 
 対岸に行ってみると、言われたとおり一人の娘が何かの調査をしていた。

リセッテ「何をしているのですか?」
ソリーヌ「この辺りに、ドゥーマーのジャイロが入った袋は無かった? 確かここに置いたんだけど……」
リセッテ「さあ、あったかしら?」
ソリーヌ「ちょっと、辺りを見てきてくれない?」
リセッテ「あなたー、お願いね。その間、イスランのことについて話しておくから」
ラムリーザ「そうなりますか……(。-`ω´-)」
 
 

 マッドクラブか、この辺りには多数生息しているみたいですなー。
 掃討して調べてみるかな。
 
 ……と思ったけど、マッドクラブが飲み込むには大きすぎるかもしれない。
 無くしたのは袋だと言ってるし。
 
 マッドクラブを片付けつつ、川辺を捜索すること数十分……
 

 近くに落ちてるじゃんよ

 中身はなんだかよくわからない機械か、多分これだな。
 ジャイロって何に使うのかさっぱりわからんけどな。
 
ラムリーザ「ジャイロあったよ」
ソリーヌ「ありがとう! 量は少なくても、ある研究には大いに役立つものなのよ」
 
 ソリーヌはイスランと仲違いしたようで、協力はできないと言っていた。
 しかし吸血鬼や星霜の書の話をすると、ガンマー同様興味を示したそうな。
 だが、まずはここでの仕事を済ませておきたいというが、ドゥーマーのジャイロが必要だというのだ。
 そこに俺がジャイロを探してきたわけだ。
 
 これでソリーヌは、仕事が済み次第ドーンガード砦に向かうことを承知してくれた。
 
 いよいよ吸血鬼に対する反撃が始まるということだろうな。
 
 
~ Mission Complete ~
 
 
 それはさておき、

 こういうのもドゥーマーの残したものか?
 何に使っていたんだろうな……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記