home > 投稿 > > 余話 ~春の兆し~

余話 ~春の兆し~

 
 セラーナを加えた一行は、彼女の家まで送るためにソリチュード方面に向かうことになった。
 
 入ってきた場所は固く閉ざされていたので、

 別のところから出るしかなかった。
 
 

 ガーゴイルの襲撃や、

 謎のドラゴンプリーストとの戦いをこなし、

 また一歩大成へと進んだりもする。
 
 以上、ディムホロウ墓地でした。
 
 ………
 ……
 …
 
 そして帰ってきましたソリチュード。
 数週間ぶりですなー。

セラーナ「お城からは山並みの向こうにソリチュードが見えましたのよ。あの頃に思い描いていた通りの街ですわ」
ラムリーザ「城に住んでるのかよ。それはそうと、こんなに緑が多かったっけ?」
リセッテ「もう春だからね」
ラムリーザ「なるほどな」
ミーコ「わんっ」
 
 雪景色ばかりかと思っていたスカイリムにも、春の兆しがあるようですな。
 その方が良いけどねw
 
 
 ついでにジラウド先生に、「リョーンの太鼓」を届けておこう。

ラムリーザ「ジラウド先生、ジョーンの太鼓だよ」
ジラウド「人の物を盗るな、返してこい」
ラムリーザ「違った、リョーンの太鼓でした!(`・ω・´)」
ジラウド「待ちわびたぞ! この太鼓を20年探し続けてたんだ!」
ラムリーザ「褒美、褒美w」
ジラウド「大学は今、資金繰りが苦しいんだ。代わりに、軍隊で身に付けた技を少しだけ教えてあげよう」
ラムリーザ「剣は使わんのだがなぁ……」
 
 
 まあよい。
 
 
 春が近づき、以前よりも居心地が良くなってきたソリチュード。
 久しぶりに今夜は自宅でゆっくりして、明日西に向かって再び旅立つとしますか。
 
 
ディムホロウ墓地で入手したもの
 917G
 アメジスト
 ガーネット
 ガーネット(上質)
 ルビー×2
 金鉱石
 オリハルコンの鉱石
 クジャク石の鉱石
 極大魂石
 
 シャウト 生命力低下
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記