home > 投稿 > > ドーンガード編5 ~吸血鬼セラーナ~

ドーンガード編5 ~吸血鬼セラーナ~

 
 ディムホロウ墓地で、吸血鬼の群れを蹴散らしつつ奥へと進むと、そこは円形の大広間だった。

 ここはなんぞ?
 
リセッテ「何かが隠されているとしたらここね」
ラムリーザ「どこに何があるんだろう?」
リセッテ「とりあえず中央の台座を調べたらどうかしら?」
 
 中央の台座か。
 上に押し込むボタンのようなものがついているな。
 これを押せば何か起きるに違いない。

 痛い!
 なんだよ! 針が出てきたぞ!
 

 しかもなんだ?
 紫色の炎みたいなものに囲まれてしまった。
 
リセッテ「あ、トラップだったかしら?」
ラムリーザ「いや、この炎は熱くないし、別に壁になっているわけではなさそうだ」
 
 ――で、これが何を意味しているのか?

 この燭台に何か意味があるのだろうか?
 動かせるみたいだし。
 
 …………
 

 なるほどね。
 こうして光の道筋を作っていけば良いんだな。
 
 燭台を前後に動かして光の道筋を作っていくと――

 ――なんか中央が荒れてきた。
 やばいことが起きなければよいが……(。-`ω´-)

 うむ、落ち着いたようだな。
 
 これはいったいなんぞ?
 厳重に封印していたみたいだが……
 

 なんだこりゃ?!
 中から女の人がでてきたぞ。
 
謎めいた女性「ああ、ここは……、あなた、誰に言われていらっしゃったの?」
ラムリーザ「え~と、この場合イスランになるのかな」
謎めいた女性「存じませんわ……、誰なのかしら?」
 
 ってかこの人、目……
 
謎めいた女性「私は吸血鬼ですわ」
 
 やはりな……(。-`ω´-)
 ドーンガード的には問答無用でバッサリやるべき?
 敵意はなさそうだが……

 彼女はセラーナと名乗り、ソリチュードの西にある家に送って欲しいと言い出した。
 星霜の書も所持しているし、なんだろうこの人は。
 まぁ、俺も持っているけどねw
 
 長い間閉じ込められていたようで、スカイリムの現状を訪ねてきたりもした。
 そこで俺は、「帝国とストームクロークが争っているが、サルモールが最終的に勝つだろうな」と教えてあげた。
 しかしサルモールやストームクロークはともかく、シロディールの帝国を知らない模様。
 何者だ?
 世間知らずか?
 それともこいつ、何歳だ?
 
セラーナ「急ぎましょう。家に帰って、何が起きたのかを見極めなくては」
 
 
 まあよい。
 
 
 獣率下がったし、女率上がったし♪

リセッテ「……何をうれしそうな顔しているのかしら?(じ~っ)」
ラムリーザ「き、気のせいだよ(汗」
ミーコ「わんっ」
 
 ソリチュードか、一旦戻るのも悪くないな。
 でもいいのかな、吸血鬼の手伝いみたいな話になって……
 
 やっぱり本来の話なら、問答無用で射抜くのが筋な気もするが……
 まぁ、敵意はないみたいだし、とりあえず様子を見るか。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記