home > 投稿 > > ドーンガード編3 ~ドーンガード砦~

ドーンガード編3 ~ドーンガード砦~

 
 さて、ドーンガード砦に到着した俺達は、どうやら吸血鬼ハンターとして働くようだ。
 肩書きばかりが無駄に増える、アークメイジだの吟遊詩人大学生だのソリチュードの従士だの……
 
 それはさておき、このドーンガード砦が吸血鬼ハンターの本拠地というのはよくわかった。
 補修が必要なほど傷んでいるそうだが、ここは一つ、砦の調査と行きますか。
 
 ドーンガード砦は、既に廃棄された砦だったが、吸血鬼の驚異が深刻になった今、番人と呼ばれるハンター達が集まって、この砦を建て直そうとしているのだ。
 しかし砦の中には人がほとんど居ない。
 人手不足、ここに極まりってやつてすか?
 
 居たのは、「わんわんお」とはまた別の種類のイヌ。

 狼っぽいぞ?
 まぁ、これ以上獣率が増えても困るので、懐かれる前に立ち去るw
 
 
 謎な場所もあった。

 門があるが、その先は行き止まり。
 見張り台まで設置されているが、その先は壁で閉ざされているのですがー
 吸血鬼は壁をすり抜けるのか?
 
 
 二階には居住区もある、誰も住んでいないがな。
 イスランだけが寝泊りしているんじゃないのか?

 吹き抜けになっていて、一階の様子も見える。
 うむ、一人訓練乙ですw
 
 

 げっ、お仕置きの間か、拷問の間か?
 いやな部屋もあるなぁ……
 捕まえた吸血鬼を尋問するのだろうか……
 
 
 しかし俺が思うに、

 補修はともかく、掃除もしたほうがいいと思う。
 蜘蛛の巣だらけだぞw
 
 
 ドーンガード砦の外観。

 うむ、ここだけはよい。
 
 ………
 ……
 …
 

 真面目に訓練しておるな。
 
ラムリーザ「えらく真剣だが、そんなに吸血鬼ハンターになりたかったのか?」
アグミル「噂はスカイリム中を駆け巡っている。何かが起きている事は分かってるんだ。吸血鬼の姿だって何度も見てるし」
ラムリーザ「それはそうだな、俺も見たし依頼で退治したこともある」
アグミル「選択肢は2つあると感じたんだ。夜に怯えて生きるか、それとも同胞を守るために立ち上がるか」
ラムリーザ「気休めの言葉をかけてやる。クロスボウの扱いは簡単だから、すぐに慣れるさ」
リセッテ「私も音楽しかやってきたことなかったけど、すぐに扱えるようになったわ」
アグミル「ありがとう、がんばってみるよ」
 
 未熟さを勇気で埋め合わせするエリクよりは、未熟さを鍛錬で補おうとするアグミルの方が見ていて安心するな。
 
ラムリーザ「ではラムリーザ様の弓の腕を見せてあげよう」
イスラン「何をやっておる!お前はディムホロウ墓地にはよ行けと言っただろうが!」
ラムリーザ「あうわっ、はいっ!」
 
 なんか懐かしい雰囲気感じたぞ?
 バルグルーフ首長やデルフィン思い出したw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記