home > 投稿 > > ドーンガード編2 ~傲慢な弓師~

ドーンガード編2 ~傲慢な弓師~

 
 さて、ドーンガードを目指してきた一行は、ここでイスランという者に会って、吸血鬼ハンターに入隊する資格があるかどうか見極められるそうだ。
 
 これまでに何度かドーンガード、ドーンガードと言ってきたが、ドーンガードとは砦の名前だった。
 ここはドーンガード砦――
 吸血鬼ハンターの本拠地である。
 
 
 イスランは俺を見ただけで、入隊は歓迎だと言ってきた。
 ドラゴンボーンの噂はここまで響いているのか?
 それともテュリウス将軍の推薦でもあったのか?
 それとも、猫の手でも借りたいほど切羽詰っているのか?
 
 
 現在、吸血鬼ハンターを大きく募集している状況だ。
 それは廃墟寸前のドーンガード砦を修復する間に、外の世界で吸血鬼達に戦いを挑む者が必要だからだ。
 つまり、割と切羽詰っているってことですねw
 
 そこで俺に持ち込んできた話は、番人たちが探っていた洞窟と、吸血鬼の攻撃との関連性を調べることだ。
 そこはディムホロウ墓地――
 初めて聞く名前だが、番人のトランが案内すると言う。
 そこには、遥か昔の吸血鬼の秘宝があると確信しているそうだ。
 
 ということで吸血鬼どもが、ディムホロウ墓地で何を探していたのかを確かめることが必要だ。
 

 
 他に聞いたこととしては、以下の通りだ。
 吸血鬼ハンターの心構えとして、軽率な行動は死を意味するので慎むこと。
 リスクを冒さず、痕跡を残さず、常に注意を怠らないこと。
 
ラムリーザ「他には?」
イスラン「ほら、クロスボウを使え。あの悪魔どもが近づいてくる前に攻撃するには最適な武器だ」
ラムリーザ「クロスボウだって? そんな武器は素人かヘタレが使うようなものだ」
リセッテ「ちょっとww」←クロスボウ使っている人

ラムリーザ「俺は弓だ」
イスラン「なるほど、好きにするが良い。砦の中にあるものも好きなだけ使うが良い」
 
 クロスボウはさほど訓練無しでも使いこなせる、即席兵士用の武器だ。
 俺はそんなものは使わん。
 
イスラン「おい、そこの若いの、影でコソコソしてないで姿を見せろ、名前は?」
アグミル「俺は……、いえ、私の名前はアグミルです」
 
 ふむ、もう一人の新入りはクロスボウを使うようだな。
 未熟な素人には丁度いいかもな。
 
ラムリーザ「俺は訓練不要なんだな」
イスラン「そうだ、はよトランと共に仕事にかかれ!」
 
 そうだろう、そうだろう。
 俺ならこの距離からでも――

リセッテ「ちょっと、危ないわね!」
 
 距離だけでないぞ!

 ど真ん中だぜ!
 ふははははは!
 
 
イスラン「お前の実力はわかったから、はよ行け!」
トラン「ディムホロウ墓地だぞ! 先に行ってるからはやく来るんだぞ!」
 
 はいはい、わかったわかった。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記