home > 投稿 > > 大鹿狩り ~ハーシーンの要求~

大鹿狩り ~ハーシーンの要求~

 
ユニコーン「ハーシーン求められているのは大鹿です」
ラムリーザ「最初からそう言ってくれれば、ユニコーンか鹿か確認したのにな」
 
 ハーシーンの関心を惹くために、大きくて堂々とした獣を狩ることになった。
 ユニコーンが見かけたという大鹿は、ここよりもずっと南の方らしい。
 
 

ユニコーン「居ましたよ」
ラムリーザ「ちっ、逃げられた……」
 
 さらに南の方に逃げていってしまったよ。
 こっそり接近しないとダメとなると、「わんわんお」が邪魔になるなぁ……
 
 ………
 ……
 …
 
 ファルクリースの砦にて。
 その橋の下に――

 ――居た!
 
 こっちが上だから気がつかないだろう、絶好のチャンスだ。

 Snipe!
 
ユニコーン「なかなかやるじゃないですか」
ラムリーザ「お前を射た時は、位置ズレが発生していたんだよ……」
ユニコーン「なんですかそれは?」
 
 
 大鹿は狩ったぞ。
 いったい何が起こるというのだ?
 
 
???「狩人よ、良い所で出会った」
ラムリーザ「また不思議な声が、バルバスか?」
バルバス「違う」
ラムリーザ「ならば、ひょっとしてこれがハーシーン?」
ハーシーン「栄光の追跡者がハーシーンと口にすれば、その視線に狩りの化身が宿る」
 

 でたーっ!
 
 早速、シンディングの指輪の呪いを解いてもらうよう頼んでみたが、まずは栄光のために仕えよと言ってきた。
 その指輪を盗んだものは、自分の聖域と考えている場所へ逃げ込んだという。
 そいつの皮を剥ぎ、捧げよ……と。
 
 これだからデイドラは……(。-`ω´-)
 
 だが従うしかない。
 グズグズしていたら俺がウオオォォォォーーーン!!
 
 ………
 ……
 …
 

ラムリーザ「しかし聖域ってどこだろう?」
ユニコーン「聖域と言えば、この辺りだと『ブローテッド・マンの洞窟』がタロスの聖域ですね」
ラムリーザ「またあそこかw」
リセッテ「タロスの為に行きましょうw」
ラムリーザ「だからそれはヤバいって!」
 
 
というわけで、一同は再びブローテッド・マンの洞窟を目指すことになりました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記