home > 投稿 > > ユニコーン

ユニコーン

 
 シンディングの頼みで、ハーシーンに指輪の呪いを解いてもらうことになった。
 その為には、大きくて堂々とした獣を狩って、ハーシーンの関心を惹かなければダメらしい。
 
 そういった獣を探すために、夜の森を探索する一行。
 普通の鹿とかを狩っても無駄だろうな。
 
 しばらく森の中をうろうろすること数時間――
 行く手に白く大きな獣が姿を現した。

 むっ、あいつだな?
 あいつを仕留めてハーシーンに遭遇して――
 
 
 狙いを定めて……
 
 

 ひょいっ
 な、なにい?!
 
ユニコーン「誰ですか? 私を攻撃するのは?」
 
 やっべ……
 ハーシーンの類なものに違いない。
 しかも俺の弓を寸でのところでかわしやがった……
 位置ずれでも発生したか?!
 
 只者じゃない!
 
ユニコーン「そこに居るのは誰ですか?」
 

 げっ、しかも見つかった?!
 
ユニコーン「なんと、ドラゴンボーンじゃないですか……」
ラムリーザ「馬にまで知られているとは……って、馬まで喋ってる!」
バルバス「今更驚くことでもないだろうに」
ユニコーン「失礼な、私はユニコーンです。馬ではありません!」
 …………(。-`ω´-)
 

 ユニコーン相手に説明するのもアレだと思ったが、わりと高貴な奴っぽい。
 シンディングの一件を説明してやった。
 
 
ユニコーン「なるほど、それで私を狩ろうとしたわけですね」
ラムリーザ「俺の弓をかわすとは、なかなかやるじゃないか……(かなり悔しいw)」
ユニコーン「それなら見かけたことがあります。連れて行ってあげましょう」

 乗せてくれた?!
 
ラムリーザ「あれ、処女しか乗せないんじゃ? 俺は処女だったのか……(。-`ω´-)」
ユニコーン「まさか、一族の中には『助平』で『我侭』な者もいるのです。私はそうではありません」
ラムリーザ「ほーお」
ユニコーン「ドラゴンボーンと旅をするのもいいものですね、同行させてくれるなら先程の件は水に流しましょう」
 
 
 ついに獣率が過半数を超えてしまったw
 グループ名を「ラムリーザ動物園チーム」とでもするかのぉ。
 ジェイザルゴも誘うかのぉw
 
 あ、それ以前に、モタモタしていたら俺まで狼男になってしまい、グループ名が「リセッテと愉快な動物たち」になってまう……(;´Д`)
 
 
今回入手したもの
 
仲間?
 ユニコーン
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記