home > 投稿 > > ファルクリースにて5 ~ブルー・ムーン~

ファルクリースにて5 ~ブルー・ムーン~

 
 ファルクリースは、緑の自然に囲まれた穏やかなところだ・・墓場が多いことを除けば。
 だが、村人の話を聞いていると、一部では凄惨なことが起きているらしい。
 

 マシエスって人だ。
 どうやら、娘が殺されたらしい。
 しかも、猛獣にやられたように、スタズタに引き裂かれてたそうだ。
 埋葬しようにも、満足に亡骸を集められないほど……
 
ラムリーザ「村の周りに熊かサーベルキャ――、いや、ひょっとしてバルバスお前……」
バルバス「馬鹿にすんな、俺は人間は襲わないよ」
マシエス「シンディングだ、渡りの労働者らしい。至ってまともな男に見えたのに……」
ラムリーザ「人間がそこまでズタズタにできるかねぇ……」
マシエス「処分が決まるまで、地下牢にぶち込んである。奴の顔を拝む勇気があるなら、見に行くといい」
 
 ん~
 
 冤罪の気もするが、とりあえずシンディングって人に会ってみよう。
 マシエスの言うとおり、凶暴な奴だとしても、牢の中だから大丈夫だろう。
 
 
 …………
 
 

 シンディング
 ひょろひょろしていて、とても凶暴な奴には見えないが?
 
シンディング「化け物を見物しに来たのか?」
ラムリーザ「お前が少女を襲ったのか?」
シンディング「信じてくれ、決してそんなつもりじゃなかったんだ。俺はただ、我を失ってしまっただけだ……」
ラムリーザ「むしゃくしゃしてやったんだろ、そして今は反省しているんだろ」
 
 しかしシンディングには秘密があったのだ。
 月の影響を受けて、獣に姿を変える者、ウェアウルフ……
 シンディングはウェアウルフだったのだ。
 
 うむ、これで謎は解けたな。
 少女はウェアウルフと化したシンディングに惨殺されたんだ。
 
 
 しかしハーシーンの指輪があれば変身はコントロールできると考えたらしい。
 だが、指輪などお構いなく呪いをかけられた・・と。
 
 ハーシーン……
 またデイドラか。
 狩猟を司るデイドラ、時にはオオカミに変身する力を人間に与えると聞く。
 
 
 そこでシンディングは俺に頼み事をしてきた。
 そしてハーシーンに指輪を返してきてほしいと。
 
 大きくて堂々とした獣を狩ると、ハーシーンが語りかけてくると言う。
 その時に指輪を返せば、ハーシーンの怒りが静まるだろう……、と。
 
 
 指輪を手放したシンディングは――

 ――ウェアウルフ化してしまった……
 
♪ぼんぼんぼんぼぼんぼんぼぼんぼん ぶるーむんぶるーむん♪
 
 う~む……(。-`ω´-)
 
 大きくて堂々とした獣を狩りに行きますか。
 狩りなら俺の得意分野だしなw
 
 というか今気がついたんだけど!
 シンディングの指輪!
 外れないんだけどーーーww
 
 俺の末路は「狼の血族」か、それとも「ハウリング」か……(。-`ω´-)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記