home > 投稿 > > ファルクリースにて2 ~喋る犬、バルバス~

ファルクリースにて2 ~喋る犬、バルバス~

 
???「ずっとお前さんを探していたよ」
ラムリーザ「誰が言うた?」
リセッテ「何も言ってないわよ」
ミーコ「わんっ」
 
 
 鍛冶屋のロッドの依頼で、犬を探すことになったのだが、どこを探せばよいものやら。
 とりあえず街の周辺を散策することにして、それでも見つけることができなれば、ロッドにもらった肉を使えばいいか。
 
 そう思い、街から出たのだが、そんなに離れないうちに正面から犬がこっちに向かってきた。

 「わんわんお」サンドイッチw
 俺は鏡かよw
 
 すると、どこからともなく「俺を探していた」とか言う声が聞こえてきた。
 リセッテの声じゃないし、「わんわんお」がしゃべるわけがない。
 それ以外にこの場所にいるのは、こっちにやってきた犬だけだ。
 
ラムリーザ「まさかこの犬が喋るわけは無いわなw」
バルバス「ああ、喋ったとも。黙るつもりもないがな。俺はバルバスってんだ」
ラムリーザ「ちょwおまww犬が喋ったww」
バルバス「今やスカイリムは巨人や空飛ぶトカゲ、二本足の猫男だのの巣窟だというのに、何を驚く事があるw」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 まあいいか、確かに二本足の猫男のジェイザルゴも喋るんだしなw
 喋る犬など初めて見るが、こいつの名前はバルバスだそうだ。
 何だかマスターと口論になり喧嘩してしまい困っているとか。
 そして、この俺に口論を仲裁してく欲しいとのことだ。
 
 しかしマスターというのは、願いを司るデイドラの王子、「醜いクラヴィカス」だとか。
 「ハマエールの不名誉」という場所に、クラヴィカスの教団があるので、そこに行って話をするんだとさ。
 
 デイドラ……
 以前アズラの秘宝を汚して、えらく怒られたっけな。
 悪いのはネラカーだがw
 
 デイドラってあんまり良い印象持ってないんだよなぁ……
 オブリビオンの動乱を引き起こしたのも、メエルーンズ・デイゴンというデイドラだって言うしな。
 アズラの信者には怒られたしな。
 クラヴィカスについてはあんまり知らないな……
 
 シェオゴラスだけは別だぞ。
 彼はシロディールの守護者なんだからな。
 
 
 まあよい。
 
 
 喋る犬という面白い奴に免じて、出来るかどうかわからんが仲裁してみましょう。
 
 
 とりあえずロッドには、まともな犬じゃないということだけでも伝えておこう。
 デイドラと関わりがあって、しかも喋る犬なんて、鍛冶屋に使いこなせる犬じゃないわなw
 

ラムリーザ「もうこれは要らないから、やる」
ミーコ「わんっ♪」
 
 
というわけで、「ハマエールの不名誉」という場所に向かうことになりました。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記