home > 投稿 > > ロストバレー要塞1 ~スカイリムはノルドのものだ!~

ロストバレー要塞1 ~スカイリムはノルドのものだ!~

 
 エリクを加え、3人と1匹になった俺たちの旅は続く。
 
 アンバーガードの廃墟から南下する道があった。
 その先には、大きな滝があるこれまた要塞のようなものがあった。

 あれは何だ?
 
リセッテ「要塞みたいね」
エリク「僕はこの辺りには詳しいんだ、あれはロストバレー要塞」
ラムリーザ「ストームクロークか?帝国軍か?」
エリク「ここもフォースウォーンなんだ」
 
 うむ……
 ここもロリクステッドに近いと言えば近い。
 念の為に制圧しておくか。
 
 

 待て、見張りがいる。
 
ラムリーザ「片付けておくべきだな」
エリク「あんな遠くに……、しかも高台に……」
 
 

 見てなって。
 
 

 Snipe!
 どやっ
 距離や高さなんか関係無いんだよ。
 ちゃんと計算してるんだからな、角度とか。
 
 
 しかしここは見張り以外狙撃に向かない地形だ。
 岩で出来た自然の通路のようなものが続いていて、要所要所にフォースウォーンが陣取っている。

 来たぞ!
 近接二人に中距離の俺、リセッテは後方から狙う。
 集中砲火だ。

 よーし、一丁上がり!
 なんか前衛が突進エリクと「わんわんお」、司令塔の俺、後方援護のリセッテという図式が確立しつつあるな。
 包囲集中砲火の魔導師カルテットとはまた一味違った戦術だ。
 
エリク「また来たぞ! 今度は俺だけに任せてくれ!」
 
 あいからわず血の気が多いのぉ。
 まぁ、自信つけるためにがんばってみろや。
 
エリク「フォースウォーンめ、かかってきやがれ!」
フォースウォーン「うおおおおっ!」
 
 あ、そこにワイヤートラップがあるから気をつけろよw

ラリムーザ「足元気をつけろ! 罠があるぞ!」
エリク「ぬん!」
フォースウォーン「ふん!」

 ブッチン
エリク「スカイリムはノルドのものだーっ!」
フォースウォーン「元々我らのものなんだ、ノルドこそ出て行けーっ!」
ラムリーザ「人の話聞けよ……(;´Д`)」
 
 ゴドン、ゴドン、ゴドン!!
 
エリク「ぐわっ、岩が?!」
フォースウォーン「しまった! うぎゃーっ!!」
 
 
 …………
 
 
 エリク……

 お前はいったい何がやりたいのだ?
 
エリク「うぐぐ、まさか岩が降ってくるなんて……」
ラムリーザ「だから足元に罠がある言ったろうが……」
リセッテ「…………」
ミーコ「わんっ」
 
 お前は頭打っただけで済んだが、フォースウォーンはぺちゃんこ。
 逆だったらどうすんだよ、この馬鹿w
 自分の仕掛けた罠でつぶれたフォースウォーンも馬鹿w
 
 これだから脳筋共は……
 
 
 なんかアホ臭くなってきたので、一旦続くw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2019 らむのゲーム日記