home > 投稿 > > 大蛇の崖要塞

大蛇の崖要塞

 
 フォースウォーン。
 スカイリムの原住民。
 帝国にもストームクロークにも属しない第三勢力。
 
 だが実態は山賊とあまり変わらない。
 違いといえば、信念があるかないかが、ただ略奪のみを目的とした山賊と違うところ。
 
 俺にとってはマダナックと共闘した縁もあり、とくに憎い敵ってわけではない。
 だがロリクステッドの近くというのが不安だ。
 平和な村が襲われたらかなわんからな。
 
 
 っと、見張りだ。

 隠れろよw
 
エリク「どうしたんだ? しゃがみこんで」
ラムリーザ「静かに……」
ミーコ「わんっ」
 
 ダメだこりゃ……
 未熟者にやかましい「わんわんお」。
 さっさと片付けないと、気づかれて乱戦になっちまう。


 ほれっ
エリク「えっ、もう戦いは始まっているのか?!」
 
 お前さんねぇ……
 未熟だな
 敵に直面しなければ戦いじゃないとでも言うのかね?
 敵の要塞が視界に入った時から戦闘は始まっているんだよ。
 
 ってか!

 じゃれつくな! 邪魔!
 
ミーコ「わんわんっ」
 
 やかまし! 見つかるだろうが!
 
 
エリク「次は僕に任せてくれ!」
 
 突進しやがる。
 これだからノルドは……(。-`ω´-)

 お前は犬かw
「わんわんお」と同じことやってんじゃねーw
 火炎をものともせず突進ですか。
 
ミーコ「わんっ! わんっ! わんっ!」
 
 お前も!
 ――って、正真正銘犬かw
 

 ほりゃ!
 それでもハドバルには劣るが、なかなかいい動きするじゃんよ。
 リセッテの援護もかなり上達しているなぁ。
 
 
 最後に残るは、フォースウォーン・ブライアハート。
 人造人間みたいなめんどくさいやつだ。
 感情的には乏しいが、腕力の破壊力はハンパない。
 フランケンシュタイン博士が作ったモンスターのようなものだ。
 ちなみに一部の者は、モンスターの事をフランケンと勘違いしているようだが、造った人がフランケンだからな!
 フンガーフンガー言ってるのはモンスターだからな!
 
 閑話休題w
 
 しかし俺の敵ではない。
 エリクが足止めしている隙に――

 ――Snipe!
 
 
 ふぃ
 
 
 ここがフォースウォーンの作戦会議の場か。

 マルカルスに剣をぶっさしてら。
 
エリク「フォースウォーンはおかしな連中だよ。マルカルスを取り戻そうと戦ってはいるが、生活はまるで野蛮人だからな」
ラムリーザ「マルカルスで酷い目にあっているっていうのも事実だからな……」
 
 マルカルスは今はストームクローク領。
 フォースウォーンに襲われようが、どうでもいいや。
 いや、たとえ帝国領でもあんな不正な地、いらん。
 
 

 ここは何だ?
 地下に続く入口がある。
 
 まだまだ先がありそうだな
 
 
続く
 
 
今回入手したもの
 209G(宝箱+死体漁りw) 
 ブライア・ハート
 聖血の杖(強)
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記