home > 投稿 > > モーサルにて5 かくれんぼのはずが……

モーサルにて5 かくれんぼのはずが……

 
 いろいろ調べたりしているうちに、あたりはすっかり暗くなってきていた。

 すっかり夜だ。
 かくれんぼと行きますか。
 
 確かリセッテは「墓地を探すよう」言っていたな。
 墓地に隠れる……、またゾンビ騒ぎにならなければよいがw
 ひとまずリセッテは村の中に待機することになった。
 
 しかし墓ってあったっけ?

 墓はここか?
 
???「痛い目にあうわよ、立ち去りなさい!」
ラムリーザ「なんぞ?!」
 
 なんか墓らしきものは掘り返されていて、傍に一人の女性が……
 
ラムリーザ「いや、俺はただかくれんぼを――」
 
 ――しかし何故か相手は問答無用で襲いかかってきた!

 待て! なんでこうなる?!
 
ラムリーザ「ちょっちょっと待て! おいぬなんとかしろ!(;´Д`)」
ミーコ「わんっ! わんっ!」
 
 不意打ちを食らって何も出来ないところだったが、今の俺には「わんわんお」が付いているw
 新しい主人が襲われていることを察したミーコはすぐさま謎の女に飛び掛って行った。
 
 うむ、頼もしい「わんわんお」……いや、ミーコだ。
 全く油断も好きも無い、なんでかくれんぼが殺傷沙汰になるんだよ……
 

 どうしてこうなった( ^ω^ )
 ミーコも何事も無かったかのように「お座り」ですかw
 
 騒ぎを逸早く察してやってきたのはソンニールだった。
 
ソンニール「ラレッテ! 死んでる! それに……吸血鬼だ!」
ラムリーザ「この人が妻で吸血鬼? いったい何事だよ」
ソンニール「ストームクロークの仲間に入ると言って出て行ったが……、ああ! かわいそうにラレッテ!」
 
 こいつストームクロークか……、襲われた理由がなんとなくわかった気がしてきたw
 ストームクロークには吸血鬼も居るのか……、何でも有りか、最悪だな。
 
ラムリーザ「で、何か変わったことは?」
ソンニール「だんだん、アルバと過ごす時間が多くなっていったんだ」
 
 またアルバか……
 居なくなった夜、アルバと会うことになっていたのだが、待ち合わせに現れなかったとアルバから後で聞いたそうだ。
 なんらかの事情で吸血鬼になって襲い掛かってきたわけか……
 
 一度アルバに会う必要があるな。
 扉をこじ開けてでもw
 
 
 というわけで、かくれんぼは一旦中断して村に戻ることにした。
 とにかくアルバに一度会ってみなければ。
 

???「あら、ハンサムじゃない?」
 
 何ですと?!
 ハンサム?!
 はっ、初めて言われたよ(´;ω;`)
 
???「私と楽しいひとときを過ごしましょうよ」
ラムリーザ「どっどっ、どちらさまで(^^;」
アルバ「私はアルバ、ラレッテを楽にしてやったんですって?お目にかかれてよかった」
ラムリーザ「きっ、君がアルバさんですかー」
 
 ヘルギが入れ込む理由がよくわかったよw
 
 

 (じ~っ)
 
ラムリーザ「ただいま(キリッ」
リセッテ「何がただいまよ、かくれんぼはどうだったの?」
アルバ「どうしたの? こないの?」
ラムリーザ「行きません(。-`ω´-)」
アルバ「残念ね、じゃあね、ハンサムさん」
リセッテ「(じ~っ)」
ラムリーザ「えっと、墓地に行ったんだがねっ!(`・ω・´)」
 
 
 なんとかごまかすために、先ほどまでの顛末をリセッテに話すことにした。
 墓地に行ったらラレッテに襲われたこと。
 そのラレッテは吸血鬼になっていたこと。
 ソンニールから聞いたラレッテが居なくなる直前のこと。
 吸血鬼からガーネットを拾ったのでごまかしついでにリセッテにあげたことw
 
 
リセッテ「おそらく、実際には会っていたんだと思うわ」
ソンニール「とんでもない! アルバが吸血鬼だと思っているのか?」
ラムリーザ「とんでもない! アルバが吸血鬼だと思っているのか?」
リセッテ「ステレオで騒がないの、アルバの家を調べに行くわよ」
ソンニール「アルバがこの件に関与しているなんて、絶対に信じないぞ!」
 
 ソンニールもアルバに入れ込んでいるなw
 まぁ、わかるわかる。
 
 というわけで、次はアルバの家を捜索だ。
 
 
 今回入手したもの

主に情報
 ・ソンニールの妻ラレッテは吸血鬼となっていた
 ・ラレッテは最後にアルバと会うことになってた
 ・アルバって綺麗な・・こほん!
 
アイテム
 ガーネット
 吸血鬼の遺灰
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記