home > 投稿 > > モーサルにて4 モーサルの事情あれこれ

モーサルにて4 モーサルの事情あれこれ

 
 もーいいかい
 まーだだよ
 
 
リセッテ「何しているのかしら?(じ~っ)」
ラムリーザ「あ、いや、かくれんぼの練習、まだ夜じゃないし」
リセッテ「首長にヘルギのことを話したら、墓地を探すよう言ってたわ」
ラムリーザ「……不思議なことに、墓地から死体が消え……」
リセッテ「あ、それから、新しい魔導師は錬金術師じゃなくてファリオンって人だって、行ってみましょうよ」


 ひょっとして無神論者じゃ……?
 
ウラッグ「おしい、それはフィリニオンだ」
 
 …………(。-`ω´-)
 
 
 おじゃましまーすっ
 
 
 中には女の子と魔導師が居るようだ。
 なんか見覚えある衣装だな。
 こいつ、「サイノッド」じゃないのか?
 

ファリオン「子供を生贄にしているとか、死者の心臓を食べているとか非難するつもりなら、話すだけ無駄だ」
ラムリーザ「生贄はともかくとして、死者の心臓を食べるという発想がぶっとんでるわw」
ファリオン「そんなことはしていないし、そのつもりもない。ただ平和な暮らしを望んでいるだけだ」
ラムリーザ「じゃあここで何をしている?」
ファリオン「必要な者に呪文や巻物を提供し、学びたい者には召喚魔法を教えている」
ラムリーザ「召喚魔法かぁ、ブレリナ元気にしているかな……」
ファリオン「それ以外は、一人で研究に没頭しているだけだ」
ラムリーザ「要するに勝手に恐れてヨソ者出て行けってことなんだなw」
ファリオン「無知なやつらは私を恐れるも仕方ない」
 
 べつに悪い人じゃなさそうじゃんよ。
 モーサルの田舎者が勝手に魔法を恐れているだけだ、やーね脳筋ノルドってw
 俺は魔法なんて恐れない――というか、魔導師大学のアークメイジだしなー
 まぁ、無医村は問題ありだが、無魔導師村は別に問題なさそうだけどな。
 錬金術師は良くて召喚術師は良くない、差別はダメだよこれだから脳筋ノルドはw
 
ファリオン「一つ警告しておく。沼地は危険だから、夜は歩き回らない方がいいだろう」
ラムリーザ「昼でも沼地になんて入らないよw」
 
 この人はシロだな、顔は黒いけどw
 魔導師問題は田舎者が勝手に恐れているだけっと。
 
 
 さてと、そろそろ夜も近づいてきたし、かくれんぼしに――やっぱなぜ俺が?
 
 
ラムリーザ「じゃ、そろそろヘルギを探しに行ってくる」
リセッテ「待って、アグニに聞いたんだけど、ファリオンが魔物を造っている夢を見たとか……」
ラムリーザ「沼に行くなとの警告と、沼からの不気味な声か。そして彼は召喚術師――なんかありそうだな。」
 
 完全にシロだと思ったけど、ちと警戒しておく必要あるかも。
 
 あと、ファリオンの家の隣にアルバの家があったけど、鍵がかかっていたや。
 こじ開けてもいいけど、どうせ「スタップ」なんだろw
 
 
 もう一つ、モーサルでの話を聞いた。
 ソンニールって人の妻が消えたそうな。
 息子も母親が帰ってこないって言っているとか。
 誘拐事件まで発生しているのですかいな。
 どうやら沼地にのまれたらしいとか……、また沼地ですか。
 
 
 あとフロガーについて
 火事以降、アルバを愛人として付き合っているそうな。
 娘のヘルギのことを話しても、妙によそよそしい。

 
 確かにモーサルには問題が多いわ。
 
 マルカルスは不正汚職な嫌な所だったが、ここはオカルトとサスペンスをまぜごちゃにしたような感じ。
 ウルフリックは問題の多い都市や村を好むのですかねぇ。
 和平会議で要求してきたのもこことマルカルスだし……
 それとも自分が治めたら問題など生じないとでも言うのですかね。
 
 
 
 さてと、墓場に行きますか。
 
  
 続く
 
 
 
今回入手したもの
 
主に情報
 ・新しい魔導師ファリオンは問題無さそうだが、沼地のことと関連はありそう
 ・ソンニールの妻が行方不明、沼地にのまれたらしい
 ・ヘルギのことは、墓地を探せばよいらしい
 ・アルバはフロガーの愛人
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記