home > 投稿 > > 新たなる潮流

新たなる潮流

 
 ありがちなタイトルだが、新章開始としては、まあよいw
 
 
 アルドゥインの脅威が去って3ヶ月――
 
 俺達の生活はほとんど変わっていない。
 吟遊詩人大学で音楽の勉強や練習をしつつ、夜はウィンキングスキーヴァーで仕事。
 
 ああそうそう、なんだかいつの間にか俺も酒場で働くことになった。
 リセッテの口添えや、リュートが弾けるようになったというのもあるが、アルドゥインを滅ぼした英雄という肩書が、客引きになるとかなんとか。
 とりあえず英雄とは言え、3ヶ月前の自慢ばかりしては弓を振り回してたら、最終的に首が身体とおさらばしてしまうので、そこは自重しているがなw
 
 従士なのだから、エリクールの様に宮仕いしてもいいはずなのだが、なぜかそれはさせてもらえない。
 リセッテに――
 
リセッテ「あなたの様な人が宮仕いするなんて不安過ぎてたまらないわ」
 
 ――どういう意味だよ(。-`ω´-)
 
 
 
 大きく変わったことと言えば、帝国軍を退役したことかな。
 
 ストームクロークから俺の存在についてクレームが上がったわけだ。
「ドラゴンボーンはスカイリムの英雄だから、内戦においては中立的な立場を取るべきだ」
 これがウルフリックの主張だ。
 
 当然テュリウス将軍はその主張は蹴る。
「スカイリムは帝国の物なのだから、スカイリムの英雄は帝国の為に働くべきだ」
 ――と。
 
 まぁ、結婚式場にまでリーチ奪還作戦の話をしにくるような人だ。
 当然な主張と言えば当然ですな。
 
 
 しかし、ここにめずらしくサルモールが介入してきたんだ。
 エレン姉やん(エレンウェン、幼馴染で昔からそう呼んでいる)は、この時期になって唐突に俺の素性を公開しよった。
 サマーセット島出身のハイエルフで、昔からの私の知己だ……、と。
 そしてさらに、サルモールへの引き抜きまで仕掛けてきた。
 マルカルスでの混乱以降、第二特使のオンドルマールが行方不明になったため、そのポストを俺に与える……、と。
 
 
 突然サルモールの特使抜擢だなんてとんでもない!
 
 
 なんかもうめんどくさくなったので、その場で帝国軍を退役することにした。
 むろんサルモールにも加わらない。
 オンドルマール捜索にできるだけの協力だけはするということで、その場は終わりにした。
 
 つまり、この件に関してはウルフリックの勝ちってことですな。
 オンドルマールのおっさん次第では、この先どうなるかわからんが……
 ソーナーの反撃を被ったか?
 それなら俺にも責任はあるが……(。-`ω´-)
 
 
 ただし、「ソリチュードの従士」として、ソリチュードの危機には働くことという条件は残ったがな。
 まぁソリチュードの市民としてこれは当然だろう。
 
 しかしこれは同時にストームクロークの完全勝利を防ぐということになるのだ。
 俺が本気で迎撃したら、ストームクロークは手も足も出ないだろう。 (←なんて傲慢なハイエルフw)
 その内疲弊して、帝国の反撃のチャンスも生まれるだろう。
 つまり、内戦は長引き、スカイリムは疲弊するのだ……
 
 結局サルモール、エレン姉やんの思惑通りの流れになるんだ……
 
 
 帝国、ストームクローク、サルモール
 情勢を考え始めたら、めんどくさいことこの上ない。
 ネラカーの話やエレン姉やんの様子から、サルモールは帝国とストームクロークの疲弊や共倒れを狙っていることにウスウス気が付いている。
 
 
 考えていたらマジめんどくさいので、俺は自分の力は自分の好きなように使うことにすることにした。
 アルドゥインを滅ぼすという使命は果たしたんだ。
 あとは好きなように暮らしていても、誰にも文句は言わせない。
 
 
 例外はあるけどな……
 
 
 リセッテが俺と一緒に世界を見て回りたいと言うのなら、できる限りのエスコートはしてやりたい。
 
 
 しかしなぁ……
 この時世、世界巡りだからと言って、気楽な観光なんてあり得ない。
 
 アルドゥインの脅威は確かに去ったが、それで安心して暮らせる世の中になったわけではない。
 内戦はまだ続いているし、山賊、麻薬売人、モンスター、場合によっては暗殺者……
 ドラゴンも全てが消え去ったわけでもないんだ。
 
 まだまだ世の中には危険がいっぱい。
 
 街が平和なのは、日々スタップさんたちが治安を維持してくれているからだ。
 だから平凡だの退屈だの言うのは、勘違いも甚だしいというものだ。
 
 
 観光と冒険とは違う物なんだぞ。
 
 
 
 リセッテはそこのところ理解しているのだろうか……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記