home > 投稿 > > エピローグ2 ~この世界が好きだ、滅びて欲しくない~

エピローグ2 ~この世界が好きだ、滅びて欲しくない~

 
 俺の名前はラムリーザ、荒野の狙撃手のドラゴンボーンであるソリチュードの従士だ。
 
 アルドゥイン討伐の功を評価してくれたということで、エリシフ首長は俺をソリチュードの従士に任命してくれた。
 更に、ソリチュードの屋敷を一つ提供してくれたんだ。
 テュリウス将軍が言うには、ドラゴンボーンの住む街となれば、政治的効果があるとのことらしいが、そんなことは知らん。
 
 何はともあれ、念願のソリチュードの屋敷が手に入ったんだ。
 俺の拠点が確定した(ホワイトランとかにもあるけどw)のを良いことに、エレン姉やんが訪れまくるのには閉口するがな・・(;´Д`)
 まぁ、リセッテと暮らしていくには申し分ない場所だ。
 

リセッテ「酒場で鍛えた料理の腕を甘く見ないでね」
ラムリーザ「どうりで酒場の料理は美味かったわけだ」
リセッテ「あら、いつのまにお世辞のスキル取ったのかしらね、ふふふ」

 うーん、美味そう。
 
 
 
 
 親父――
 俺はもうサマーセット島には戻らないかもしれないよ。
 最近になってエレン姉やんも俺を認めてくれたのか、サルモールに誘ってきたりしたんだ。
 でもそれは断ったよ。情勢を見れば、帝国軍に残るよりサルモールに付いた方が今のところは実質安泰ってところってのはわかる。
 しかもサルモールの一員って肩書きがつけば、大手を振って堂々とサマーセット島に帰る事ができるだろう。
 
 でもね、俺はスカイリムでリセッテと暮らしていくって決めたんだ。
 そう、次の世界はリセッテと築いていくんだ。
 
 
 次の世界か――
 
 
 以前パーサーナックスと、次の世界について問答したことがある。
 どうして世界を救いたいのか……
 
 あの時はその場を取り繕うために、適当に都合のいいことを口にしたものだが……
 今なら堂々と胸を張って言う事が出来る。
 
 
 
 

 この世界が好きだ、滅びて欲しくない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
~~~
 
 
リセッテ「ねぇ、あなた。ずっと聞きたいと思っていたことがあるの」
ラムリーザ「なんでげしょ旦那」
リセッテ「旦那じゃないでしょw んとね、あんなにサルモールが身近なあなたが、どうして帝国軍に参加しようと思ったの?」
ラムリーザ「ん~、今更だから言うけど、いつもリセッテが『真の帝国人』の為に歌ってくれていたからさ」
リセッテ「ちょっと、それだけ? 私の為に……?」
ラムリーザ「そりゃあもちろん、リセッテの為に立派な帝国人になろうとしたのさ」
リセッテ「……じゃあ、もし私が『生粋のストームクローク』と言ってたら?」
ラムリーザ「おそらく、『ウルフリック万歳』だったろうな、リセッテがそう望むなら」
リセッテ「全部私中心なのねw それじゃあね――」
 
 
 
 ――あなたと一緒に世界を見て回りたいって言ったらどうするの?
 
 
 
 そりゃあ、もちろん……
 

To Be Continued

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記