home > 投稿 > > ドラゴンボーン編34 ~ドラゴンズリーチ~

ドラゴンボーン編34 ~ドラゴンズリーチ~

 
パーサーナックス「お前はまさにドヴァーの”声”が備わっている。これでアルドゥインの仲間も考え直すだろう」

 
 
 俺の名前はラムリーザ、どばーの声が備わる者。
 どばーってなんだよ、どばーってw
 
 どぶとかどばーとか……、やっぱ「どば菌」で正解だろw
 
 
 まあよい。
 
 
 竜の言葉など知らん。
 
 だが、まだアルドゥインが健在なのが気になるな。
 まだまだ戦う気満々だったし……
 
 だがパーサーナックスにも策があるようだ。
 アルドゥインの仲間を捕らえて、やつを裏切るよう説得すればよいと。
 そして捕らえるのは、ホライトランのドラゴンズリーチなら可能だと……
 
 そこは元々捕らえたどばー――こほん、ドラゴンを入れるために作られたものだと。
 
 
 だがつめが甘いw
 
 ホワイトランの首長バルグルーフを俺が説得しなければならない、とw
 バルグルーフはストームクロークと違って馬鹿じゃない、俺が説得できると思うか?
 
 さて、どうしたものか――
 
 
1.ネラカーと組んで脅迫する
2.エレン姉やんに頼って説得してもらう
3.リセッテさんと一緒に、シロディールなりサマーセット島なりに逃げる
 
( ゚д゚ )/「3」
 
 
 とりあえず、話するだけ話してみよう。
 
 
 

 首長さん、ご無沙汰です。
 
ラムリーザ「えーと、取り繕っても仕方ないので単刀直入に言いますが、あなたの宮殿でドラゴンを罠に掛けたい」
バルグルーフ「とんでもないこと言うな、不可能だ! この街にドラゴンを入れて、戦争の脅威を間近に近づけろというのか?」
ラムリーザ「戦争の脅威、か。アルドゥインの脅威の方が深刻だと思いますが」
バルグルーフ「アルドゥイン? 世界を食らう者か? そいつが戻ってきたってことは、週末の時じゃないのか?」
ラムリーザ「手遅れになる前にアルドゥインを探すには――」
 
 かくかくしかじかw
 
ラムリーザ「あとはパーサーナックスがなんとかするでしょう」
バルグルーフ「わかった、お前にはドラゴンの襲撃、ストームクロークの襲撃と二度もホワイトランを救ってくれた」
ラムリーザ「ありがとうございます」
バルグルーフ「だが一つ問題があるぞ、まずはそれを片付けてもらいたい」
 
 
 バルグルーフは、ドラゴンを捕らえるために協力してくれることになった。
 アルドゥインを餌にして脅したみたいな感じになったが、まぁ事実だし仕方が無いw
 
 しかし、協力するに当たってひとつ条件を提示してきた。
 
 
 ドラゴンと戦っている間にストームクロークが大人しくしているとは思えない。
 そこをなんとかしないと、街の力を弱くさせるような危険は冒せないと。
 
 つまり、休戦協定を結べ――、と。
 
 
 休戦かぁ。
 ハドバルも言っていたな。
 ドラゴン達を何とかする間だけでも手を結ぶべきだと。
 
 
 そういうわけで、俺は再びハイ・フロスガーへ向かうことになった。
 講和会議を主催するのは、中立地であるハイ・フロスガーとグレイビアード以外ありえないからだ――
 ――とバルグルーフ首長に勧められた(。-`ω´-)
 
 
 なんだか話が大きく動いてきましたぞ。
 旅のついでにドラゴンレンドを取得しておこうって話だったけど、いつの間にかスカイリムの未来を左右するような話に。
 
 そりゃあ仕方ないか……
 
 エズバーンが言っていた「アルドゥインの脅威」が、ここに来て現実味を帯びてきたんだしな。
 俺以外にもドラゴンボーンが居れば、そいつに丸投げするんだがなぁ。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記