home > 投稿 > > 帝国軍編17 ~キャラバン襲撃作戦~

帝国軍編17 ~キャラバン襲撃作戦~

 
 俺の名前はラムリーザ、スパイっぽいがこれでも帝国軍軍事長官だ。
 
 執政アヌリエルに昨夜入手した書類をちらつかせてやると、おおいにびびったものだw
 彼女は、帝国に反しているが、ストームクロークが好きってわけでもないようだ。
 ただ、この内戦を自分の地位向上に利用しているだけに過ぎない。
 それに首長ライラは俺の予想通り、単純で古風だから操りやすいので、これまではうまくいってると。
 だからこそ、この書類を公表されたらマズいということだ。

 そこで、公表を取り下げる代わりに、帝国にとって有益な情報と交換ということで決着をつけた。
 ついでに個人的な要望で、ハチミツ酒を安く回せるよう手配するよう頼んでみた。
 メイビンは簡単には要望に応じないと言うが、そこは首長の力を利用してなんとかしろやw
 俺も協力するからさーw
 
 
 まぁ、それはストームクロークを一掃してから改めて次の楽しみということにしておくかっ。
 アヌリエルの情報では、ウィンドヘルムに向かってストームクロークの物資が輸送されたということだ。
 これを強奪できれば、ストームクロークにとって痛手になることだろう。
 
 
 情報を掴んだので、一旦はリッケ隊長に報告に向かう。
 そして、あらかじめ配備してあった斥候と落ち合って、キャラバンを襲撃することになった。
 
ラムリーザ「隊長、馬をお借りしますねっ」
リッケ特使「どうぞ」
 

 とおーーつげえーーーき!
 
 というわけで、リフテンを北上し、斥候との合流を果たしたのだ。

 ハドバルじゃないかーっ
 戦場で会うのはホワイトラン以来だな。
 
ハドバル「おやおや、誰かと思えば! 元気だったか?」
ラムリーザ「いろいろあったが、今は大丈夫」
ハドバル「それはよい。ところでここには何の用だ?」
ラムリーザ「ストームクロークの物資を輸送している荷馬車が居るので、奪取するんだ」
ハドバル「本当か? ちょうどこっちも荷馬車を探していたんだ! しかし中身がストームクロークの物資となぜわかったんだ?」
ラムリーザ「リフテンの執政アヌリエルから情報を得たんだ、間違いないはずだ」
ハドバル「この仕事はうまく進めたいんだ。ホワイトランの後で昇進してから、初めて指揮を執るんだ」
ラムリーザ「お前なら大丈夫だよ……」
 
 どうやらこの近くで荷馬車がちょっとした事故に遭い、足止めを食らっているそうだ。
 作戦はこうだ。
 まずは見張りを狙撃で始末して、野営地を見渡せる位置に陣取る。
 俺が敵の陣地へ潜入し、敵の気を引いている間にありったけの矢をぶち込む。
 数で負けている戦いだが、最初に相手の不意を突く事で五分五分な展開に持ち込むということか。

 ハドバルが初めて指揮を執る仕事か。
 なんとしても成功させてやりたいものだ。
 

 見張りをターゲッティングだ――
 
ハドバル「頼むぜ、荒野の狙撃手よ」
 

 Shot!

 Snipe!
 ちょろいもんだ!
 
ハドバル「流石だ! よし、野営地に潜入してくれ。こっちは山の背から援護する」
ラムリーザ「OK。じゃ、ちょっと狩りに出かけてくらぁ」
ハドバル「幸運を祈る!」
 

 わ、我はひとり! ラ、ラムリーザなりーーっ! ドオオオン!!

 さてと、暴れさせてもらうぜーっ!
 俺の弓の腕と馬の機動力が合わさるところ――

 ――向かうところ敵無しだぜーっ。
 
ハドバル「ははっ、あいつ一人で片付けるつもりかよ。よーし、俺達も突撃だ!」
 
 なんだよ、結局突撃してくるのかw
 よーし、後は大暴れだ!

 えい

 やあ
 
 ふぃ……
 

 うまくいったな!
 
ハドバル「お前のおかげだ、ありがとう!」
ラムリーザ「なぁに、リセ――いや、帝国のためさ!」
 
 引き上げる前に、敵の物資とやらを拝見しておきますか。

 ……頂きw
 軍に必要なものは武器防具だよなっ。
 こんなの重いだけだよな、俺が責任を持って保管しておくよw
 
 さてと、引き上げるか。

ハドバル「夜になって目を閉じると、戦いの光景が浮かぶことがある。まるでまだそこにいるみたいにな……」
ラムリーザ「…………」
ハドバル「お前は殺した相手の姿を感じたりしないのか?」
ラムリーザ「もし殺していなかったら、殺されていただろうって割り切るしかない。まぁ、それが戦争ってもんよ」
ハドバル「そうだな、俺もそれをずっと自分に言い聞かせている」
 
 
ハドバル「なぁ、ストームクロークに休戦協定を呼びかけて、あのドラゴン達を何とかする間だけでも手を結ぶべきだと思ったことは無いか?」
ラムリーザ「ドラゴンかぁ……」
 
 そういえばパーサーナックスに星霜の書を見つけたこと報告してなかったな。
 この仕事が終わったらちょっと寄っておくかな。
 
 
 …………
 
 
 後は荷馬車隊を送り込んで物資を回収させるそうだ。
 金塊はネコババしたんだが――
 
 
 
 まあよいw
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記