home > 投稿 > > 余話 ~夢か幻か?~

余話 ~夢か幻か?~

 
(スカイリムとは何の関係も無いおまけストーリーです。)
 
 
 諦めるな、我が信徒よ。

 はっ???
 誰だ? 俺を呼ぶのは――
 
 
 俺の名前はラムリーザ、シドナ鉱山で服役している囚人だ。
 
 マルカルスで不正に巻き込まれて、殺人犯に仕立て上げられ投獄されてしまった……
 まぁ、オグマンドにやってしまった罪を考えたら、これが俺に相応しい末路なのかもしれないがな、ははは……
 

 しかし、いつの間に石造りの独房に移されたのやら。
 シドナ鉱山の監獄って、正面の独房と向き合う形だったっけ?
 ひょっとして寝てる間にサルモールの監獄に移されたとか?(;´Д`)
 
 
 …………
 
 
 誰か来る――
 ソーナーか?
 4人……
 なんか立派な服を着た人と、その護衛らしき3人。
 
???「この囚人はここで何をしている?」
ラムリーザ「お前らが濡れ衣を着せて投獄したんじゃないかよ(;´Д`)」
???「何を言っている?! 後ろに下がれ、囚人よ。邪魔をするなら、この場で斬り捨てるぞ!」
ラムリーザ「…………」

 窓まで下がれ!
 鉱山内部に窓ってあったっけ?
 
 ――ある。
 どうなってんだよ……(´・ω・`)
 
 あ、なんか偉そうな人が入ってきたぞ?
 こいつがマルカルスの首長か?!
 

立派な服を着た人「そなた、そなたには見覚えがある」
ラムリーザ「(白々しいな、お前らが仕組んだ罠のくせに……)」
立派な服を着た人「夢で見たのはそなたか……」
ラムリーザ「……何の話ですかね?」
 
 マジで何の話かわからん。
 マルカルスの首長がなんで夢の話をわざわざ俺にするんだよ。
 この人の話では、自分の子供たちが暗殺者に襲われ、次は自分の番だと。
 知らんがな(´・ω・`)
 汚いことばかりしているから狙われるんだよ……
 まぁ、俺も何度か襲われているけどなw
 首謀者はたぶん「アストリッド」って奴だよ。
 
 そして逃走用通路の入り口が、俺の独房にあるんだとさ。
 しかしその次にその男から発せられた台詞は俺の度肝を抜いた――
 
ユリエル「私はこの国の皇帝、ユリエル・セプティムだ。神々の御力によって、私は統治者としてタムリエルに仕えている」
ラムリーザ「なっ……」
ユリエル「そなたはタムリエルの市民。そしてそなたもそなたなりにタムリエルに仕えるのだ」
 
 ちょっと待った! 今の皇帝はタイタス・ミード2世ってテュリウス将軍が言ってなかったか?
 それにさ、ユリエル・セプティムってシロディールの守護者の時代の皇帝じゃないか。
 でも、シロディールの守護者が牢獄から出る時の過程で暗殺されたんじゃ……?
 
 …………
 
 これは一体何の罠だ?
 エレン姉やんの新しい陰謀か?
 それともひょっとして、おれはマルカルスで既に処刑されていて、これは最期に見ている幻影なのか?
 
 しかし、この人の顔……
 よく見てみると、資料として残されていたユリエル・セプティムの肖像画に似ているような?
 

 逃走用通路の入り口があるのはほんとなんだな。
 ってか、ここホントにシドナ鉱山か?

 そもそもシドナ鉱山内部って石造りだったか?
 確かにマルカルスは石造りの街だったが……
 
 
 まあよい。
 
 
 ここから抜け出せるならそれに越したことは無い。
 抜け出してさっさとリセッテさんの元に戻ろう。
 そしてマルカルスには二度と来るまい……
 
 
 しかし、何かひっかかるものが。
 シロディールの守護者がユリエル・セプティムと会った時の話が、まさに先ほどのような感じだったわけだ。
 もしもシロディールの守護者伝と同じような展開で進むなら、この先で「深淵の暁」に襲われ、レノルト指揮官がやられるはずだ……
 
 ――何か現れた。

 深淵の暁だ!

 つまり、この人がレノルト指揮官?
 なぜだ?
 シロディールの守護者伝の冒頭で読んだ内容をそのままなぞっているぞ?
 
衛兵「ここにいろ、囚人。我らの後についてくるな」
ラムリーザ「はいよ……」
 
 どうなっているんだ?
 
 これは夢か?
 それとも今までが夢でこれが現実か?
 俺はシロディールの守護者なのか?
 
 いや、ひょっとして、いよいよシェオゴラスの狂気が本格的に俺に取り付き始めたのか?
 
 

 いや、気のせいかも。
 シドナ鉱山っぽい所に出てきたよ。
 やたらネズミが多いのが気になるがw
 
 まあ監獄だ。
 あまり衛生状態は良くないんだろう……
 

 しかし、他の囚人はどこに居るんだ?
 マナダックだったっけ、彼もどこかに居るはずだが……
 
 ん、誰か来るぞ。
 ウラクセンかな、デュアチかな?
 

 うわああぁぁぁぁぁ!!
 
 
 ………
 ……
 …
 
 

 はっ!!
 
デュアチ「ん? お目覚めか?」
ラムリーザ「……はぁ、……はぁ( ゚д゚ )」
デュアチ「全く、暢気なやつだ」
ラムリーザ「ここはシドナ鉱山だよな?」
デュアチ「寝ぼけているのか? シドナ鉱山以外のどこだと言うんだよ」
 
 
 夢か……
 いろいろ疲れていたから、妙な夢見たんだろうな。
 
 だがシロディールの守護者の旅の始まりも牢獄だった。
 俺の真の旅はここからはじまるのかもしれないな……
 
 たぶん、「諦めるな」と言ったのは、シロディールの守護者なのかもな。
 
 
 
 オグマンドの件を懺悔できたら、その時は……
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記