home > 投稿 > > フォースウォーン編6 ~スカイリム演技最終話?~

フォースウォーン編6 ~スカイリム演技最終話?~

 
 俺の名前はラムリーザ、今日もマルカルスで探偵みたいなことをしている。
 
 今日中に謎を解明して、小手を届けて、さっさとリセッテさんの元に帰ろう。

 マルカルス、一見すれば立派な要塞都市ってところなんだけどな……
 フォースウォーンとかソーナーとか、なんかグログロしているものがあって気味悪いや。
 
 さっさとネポスを問い詰めよう。
 

 ネポスの屋敷
 
ウェイリー「失礼だけど、あなたはどういう仕事をしていの?」
ラムリーザ「え~と、帝国軍の魔導師大学アークメイジの吟遊詩人大学生のさすらいの風来坊のグレイビアードである荒野の狙撃手だ。あとホワイトランの従士――」
ウェイリー「……なにそれ」
ラムリーザ「ネポスにちょっと用がある」
ウェイリー「招待したわけでないし、彼は年を取っているから休息が必要なの。また今度来て頂戴」
ネポス「いや、いいのだ、彼を連れてくるがよい」
 

 お前がネポスか
 
ネポス「家政婦が失礼したね、それで何の用だ?」
ラムリーザ「ごろつきをけしかけたな?」
ネポス「まぁ聞け」
 
 暴動がノルドの手によって抑え込まれた時、王であるマダナックは鉱山に閉じ込められた。
 だが王はとにかく生き延び、ネポスに伝言を与え、彼は疑わずに命令に従った。
 これを20年近くやってきた、フォースウォーンの名の下に若い者を犠牲に追いやりつつ――
 
 王マダナックは、虐げられた者達――、すなわちフォースウォーンへ敵対するすべての敵を殺すよう導いたのだ。
 
 
 ふむ、よ~わからんw
 とりあえず、エルトリスにこれまでに分かったことを報告して、後は任せて俺はもう手を引こう……
 
ラムリーザ「なるほどな、よくわかったような、よくわからんような」
ネポス「ところで親愛なる若者よ、ここを生きて出られると思っているのか?( ̄ー ̄)ニヤリ」
ラムリーザ「なに?」
 
 フォースウォーンの名の下に!
 

 ちょっと待てえぇぇぇ!
 やっぱフォースウォーンはダメだ!
 狂ってる! 間違いなく狂ってる!!
 

 やってられっか、転進じゃーっ!
 
モルベン「待てーっ!」
ラムリーザ「待てと言われて待つ奴が居るかいw」
 

 あとーっ!

 ほいっ!
 お、今回は衛兵動いてくれたぞ!
 あのキ○ガイ共をなんとかしてくれ!
 
 この混乱の黒幕はネポスとソーナーに決まり!
 なんかよく分からんけど、これで決まり!
 俺にはどうにもできん……というか、もう意味がわかんねーっ!
 さっさとエルトリスに報告してソリチュード帰ろう!
 
 もう二度とマルカルスなんか来るもんかーっヽ(`Д´)ノウワァァン!!
 
 

 
 ……エルトリス。
 
 どうしてこうなった?!
 
 
マルカルス市警隊「警告したのに、あちこちに行っては面倒を起こしてくれたな」
ラムリーザ「知るか! こっちは被害者だ!」
マルカルス市警隊「最近の殺人はみんなお前の罪にしないとな。目撃者は口封じだ、ああ忙しい」
ラムリーザ「エ、エルトリスに何をした?」
マルカルス市警隊「ふん、この辺りを変えたがってる民にするのと同じ事だ」
ラムリーザ「お、お前らは腐っている! ソーナーに買収されてやがるな?!」
マルカルス市警隊「この街ではいい取り決めができていてな、お前に邪魔はさせない」
ラムリーザ「俺を逮捕するのか? 俺が何をやったと言うんだ!」
マルカルス市警隊「俺は知っているのだぞ、お前がサルモールとつるんで何かやっているのもな」
ラムリーザ「ちがっ……( ゚д゚ )」
マルカルス市警隊「それに、文句があるならマダナックと話すがいい。ぼろを纏った王とフォースウォーンはお前に会いたがるだろう」
ラムリーザ「……好きにしろ」
マルカルス市警隊「二度と太陽は拝めないぞ。お前はシドナ鉱山で終身刑だ( ̄ー ̄)ニヤリ」
 
 
 ………
 ……
 …
 
 

 タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!
 
 
 
 どうやら俺の旅は、ここで終わりのようだな……
 
 なんというか、「サルモールの犬」に相応しい末路だな。
 オグマンドにやってしまった罪を、ここで償うことにしようじゃないか……
 
 
 さようなら、リセッテさん……
 
 
 キミは、サルモールの犬なんかじゃなくて、もっと立派な人と幸せになるべきだよ。
 吟遊詩人大学にシェオゴラス信徒が紛れ込んだことがあった……、とだけ記憶に残してくれていたらいいさ。
 こんな俺に今まで親しくしてくれてありがとう……
 
 
 
ふははははは!!
 
 
 
THE END?
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

return to page top

©発行年-2020 らむのゲーム日記